background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

最後の8番ロッド

winston rod
寒くなってきましたなぁ~。ってさぼりすぎやろ~と、誰も言いまへんか?
今年は、去年みたいに間があかないようにアップしようと思ったましたが、なかなか、世間はそうさてくれまへん。(世間ちゃうやろー!バカヤロー!)

と言う事でお久しぶりですな。今年は急激に夏になったように、秋をすっ飛ばして晩秋と言うか初冬言う感じですな。体の体温調節機能がおかしくなってます。

15年ぶり位の円高で、買おう買おうと思ってた物が目白押しですな。おっさん的にはやっぱり釣り竿やろと言う事で、何年かぶりにフライロッドを買いました。ウィンストンのBoronⅡMXと言う海用の竿ですな。フライフィッシングの竿は、今は、0番からあるんですが、12,3番?14番位まであったかな?フライラインに準じていると言うか、ラインの太さがそのまま竿の番手になってます。狙う魚のサイズで竿(ライン)のおおよその番手が決まってます。

ただ、日本製と、アメリカ製(ヨーロッパ製やニュージーランド製も含む)は、少し、同じ番手でも日本の方がしなやかと言うか柔らかいので、例えば、日本の渓流で山女や岩魚、アマゴやうぐい(これは外道ですが)などを釣る場合、アメリカ製なら2番以下の竿で同じ様な感じと言うか、同じ3番でも硬いと言うか、バットがしっかりしすぎているんですな。

ま、最新のモデルは知りませんが、そんな感じです。で、3番から上の4,5,6、番になると、本流のウエットや、フローターのブラックバス、海の4,50cmくらいまでの魚がターゲットになり、その上の7,8,9番位でしょうか?は、サーモンやボーンフィッシュ、海の青物や、スズキなどですな。それ以上になると、カジキやマグロなど、超特大の魚がターゲットになりますな。

で、番手が上がってくると、重さも増えてきますな。それを1日中振り続ける体力もなくなってきたこの頃、(ダブルハンドと言う手も残ってますが)恐らく、最後の高番手の竿になると思いますが、以前、釣友の麩さんが使ってたウィンストンのロッドデザイン(アクションですな)と仕上げの美しさがとてもとても、気になってたので、竿の軽さも手伝って、購入を決めました。

以前は、日本で買うと10万近くしてたと思うのですが、ここ何年か前から、ロッドの輸入元のT'sさんがネットで直販されてまして、何と65,100円(8番で)それで、ファーストオーナーは、生涯保障(何回でも、修理又は交換してくれる)となってます。このクラスの竿で、アメリカのトップメーカーの竿は今は10万近くしてるのが相場ですので、一昔前の値段ですな。12月から数千円上がるそうですが、それでもお得感はありますなぁ。

最近の海用の竿は、4ピース(4本継ぎですな)が主流になってまして、昔の感覚なら、1ピースが理想のアクションにし易いという感じでしたが、技術の進歩は素晴らしいですな。まだ、今日来てつないで、ラインを通さずに振っただけですが、恐ろしく、バランスが良くて軽いです。しかもバットがおっさんの好みでしっかりしてます。

この週末は、この竿で、海に出かけますかな?釣果とインプレッションは、またの機会に報告しまっさ。
このページのトップへ

お盆のすごし方

暑いですな~。いや、ほんまに暑い。さすがのわしも、この暑さでは、釣りに行こうと思いませんな。
久しぶりに、書きますわ。仕事が忙しいのと、暑さに負けてしまい、長い事さぼってしまいましたな。

これは、下の音源の映像ですな。知ってる人は「あ、スピノザや!」と言うでしょうな。

先月、家のリビングのエアコンが壊れ、地震保険の更新とかもあり、ボーナスの大半を持っていかれ、お盆休みに画策していた、初めてのシイラ釣りと、キャンプも断念し、今年のお盆は、家で、クーラー漬けの読書三昧に、なりそうですな。(と、最近の体力低下の言い訳にし)

そこで、2,3.おっさんのお盆お奨め音源と、本を紹介しまっさ。

songs&stories
昨年出たジョージ・ベンソンのソングス&ストーリーズ。プロデューサーにマーカス・ミラーを迎え、リー・リトナー、スティーヴ・ルカサー、トム・スコット、パティー・オースティン、スモーキン・ロビンソン等とても豪華な、ゲストを迎えての逸品。曲の方も作曲者のクレジットを見ると、ビル・ウィザース、ダニー・ハザウェイ、ジェイムズ・テイラー、クリストファー・クロスとこっちも凄いですな。ゲストが凄いのですが、音は、全く、ベンソンです。

この作品も、歌も良いけど、ギターが、良いですな。あんまりパキパキ弾いてないけど、上手いです。プロデューサーのマーカス・ミラーのセンスが出てますな。大人の上質な音です。今年のお盆は、これを聴きながら、本食い虫になりますかな?じっくり聴き込める感じです。

筒井康隆
こっちは、筒井康隆氏のこの間出た、現代語裏辞典。まだ手元に届いてないのですが、小説やエッセイではなく、筒井氏の文字通りの裏辞典。若かりし頃、この人の本もそこそこ読みましたが、俗物図鑑とかありましたな。結構物事を斜めから見る癖は、この辺に影響されているかも知れまへん。今年は、エアコンのよく効いた部屋で、上の音源を聴きながら、貯まった、DVDと小説。たまにこの本を開いて「ムハハハハ」もしくは、「グフフフ」と、笑い、普段とは違った物の考え方や、捉え方を見させてもらおうと思ってまっさ。

もう1枚、マイク・マイニエリを中心に、30年ほど前に結成されてた、スーパーバンドが、一昨年、1週間だけメンバーの都合がついてレコーディングされたこのアルバム、リマージュ。
lomage
メンバーがマイク・マイニエリ(Vib),トニー・レヴィン(B),デヴィッド・スピノザ(G),スティーヴ・ガッド(Ds),ウォーレン・バーンハート(P)と言う、知る人ぞ知る、凄いメンバー。おっさんは、このアルバム出てすぐ買ったんですが、曲がいまいちかな?と思い、すぐには、紹介しませんでしたが、聴き込むと、やはり、達人集団。ゆるりとした気分にさせてくれる中にも「ムムッ」とうなるフレーズも多数あります。

と、お盆は、ゆっくりとすごそうと思ってますが、早くも海では、太刀魚と、さより、それにかなり小さいですが、青物も周り始め、スズキも好調と、耳の痛い(何でや?)情報もあり、ちょこっと、巻き貯めた、キンキーマドラーを持って釣りにも行こうかな?と思ってますな。(やっぱり、行くんかい!)







このページのトップへ

本日のお奨めCD

bb king live
はい、今日は、暖かくなってきたので、Bluesです(なんでや!)B・B KingのLive in Cook County Jail。


これは、クラプトンと共演してるThe Thrill is Gone。おっさんがいつも言うてるスーパーセッションの映像です。ポール・バターフィールドのハーモニカが渋い!

B・Bと言うと、Live at ReagalやBlues is Kingが有名ですが、ギターのトーンで言うと、このアルバムが一番良い音してると思うのですがね。もちろんヴォーカルも脂の乗り切った頃なので、良いです。

録音が’70なので、45歳の頃ですね。今年で85歳を迎える御大ですが、この人は、お年を召されても声量が落ちませんな。録音場所が、シカゴの刑務所で、言わいる慰問ですな。塀の中の人も大喜びと言う感じがよく伝わってきます。

音的には、ホーンセクションを従えて、昔ながらのブルース言う感じですが、ギターのセミアコの音が良いですな。'90年代のライブ以降も、良い音してますが、ほどよく歪み、粘っこいフレーズ。このアルバムで聴ける、ギターソロのフレーズの多くが、ブルースをはじめ、ロックの有名ギタリストのソロで、よく出てきますな。ある意味もっともギタリストに直接的、間接的に影響を与えた人でしょうな。

聴衆が聴衆だけに、B・Bも気合い入ってるように聴こえますな。昔、先輩とこで見せてもらった、アフリカでやってたライブが一番凄まじかったですが、それに匹敵すると思います。

昔、ライブしてた頃、対バン(懐かし!)で後輩のバンドとした時に、出たばかりのB・B Kingモデルを買った後輩に弾いてくれと言われ、ほんなら、1曲ブルースやろか言うて借りて弾いたんですが、弦を細いのを張ってて、ペコペコの音しか出てなかったですな。それからセミアコは、010(1弦が)以上の張れと説教してましたな。

ギターソロで、1音を太く聴かしたい人、ビブラートの勉強にお奨めします。(マニヤックなお奨めやな)

このページのトップへ

せこい話し(ポイントマニア編)

ドライフライ
今日の話とは関係ないけど、渓流用のフライをとりあえず巻き終わりました。こうして見ると、バージョン落ちのパターンもちらほらありますな。おっさんのドライフライは、この3つのボックスがベーシックで、あと、本流用のでかいカディス(トビゲラですな)パターンと奥の手フライボックスの5つです。
勝負フライ
これは、奥の手フライの一部。水面絡みですな。左下の黒いフライの左から7本目のサイズが#32のミッジです。今は杉坂さんのショップKen Cubeで#40のサイズのフックも出てるみたいですけど。サイトはhttp://homepage.mac.com/kencube/kencube02/index.html他にも、釣鬼、杉坂研治氏のアイデアとテクニック満載のサイトです。



Gov't Muleにデレク・トラックスがフィーチャーされて、スティーヴィー・ワンダーの名曲Superstitionをカヴァーしてますな。オリジナルの鍵盤のバッキングも格好良えけど、バンドでするには良い材料ですな。


さて、今日の話は、もうみなさん活用されていると思いますが、ポイントの話し。飛行機のマイレージや、有名スーパー、大手家電等々、巷で溢れているいろんなポイント制ですが、おっさんの場合は、楽天とamazonで買うことが多いので、楽天のポイントに移行できるサービスを少し書きまっさ。



元々、おっさんは、三井住友の口座を持っててネットバンキングもしてたんですが、たまたま今の家を買うときローンを組んだのも同じ銀行の同じ支店で、ま、支店は、関係ないですけど、そのローンを組む時に、どの金融機関でも給料振込みや公共料金の引き落としを依頼と言うか頼まれると思うんですけど、おっさんの場合は、三井住友VISAカードを作る事でした。

年に1回以上買い物をすると会費は無料。おまけにリボ払いの月払いの金額を少し増やせば、三井住友のは、もとより、提携先のATMの手数料が曜日時間を問わず、無料になると言う事なので、仕事柄、コンビニのATMしか使えず、手数料にいらついてたおっさんは、喜んで作ってもらいましたな。

ほんで、一昨年位からですかな?銀行の口座にも月末にポイントが付くようになり、振り込み手数料なんかに使えて、喜んでましたが、そのポイントを三井住友VISAカードのポイントにも移行できるようになりました。元々クレジットカードのポイントは、提携先の飛行機のマイレージや、大手家電、楽天なんかにも移行でき、楽天の場合は5倍になると言う事なので、せこいおっさんは、月々の公共料金も、クレジットカード払いにし、ポイントを貯めてましたが、銀行の口座のポイントは、月々95ポイント位付くんですな。

大体、ローンや諸々の支払いで、毎月10数万円は、入れてたんですが、金額によって変わるんかな?と思い、昨年末ちょっとお金が入ったので、100万円入金してみましたが、ポイントは変わりまへんでした。この月々の95ポイントが、クレジットカードのポイントに移行し、さらにそこから、楽転に移行すると、5倍の475ポイントになるんですな。

低金利のこの時期、考えようによっては、月々475円金利付く思うたら、なんか得した気分ですな。%で言うたら知れてますやろうけどね、しかし、クレジットカードのポイントとあわせると、年間で、30000ポイント位は、貯まってるみたいですな。

結構、釣りの消耗品や、ちょっとした買い物がさらに安く買えると、言う塩梅ですな。ただ、フライのマテリアルなんかを扱ってる店が殆ど無いので、もう少し専門店が増えてくれればなぁと思いますな。

せこい話しでした。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

Blues for Trane
今日のお奨めは、バリー・フィナティーのソロアルバム。Blues for Torane。


これは、ブレッカーブラザーズとの共演。Mt,Fuji Jazz Festivalの映像ですな。ギターソロはとってませんが(この曲でのアプローチも聴いてみたかったですが。。)バッキングもさすがですな。それよりもマイケルさんが凄いですな。ドラム、デニチェンやし。。

’95頃にもソロアルバムを出してたと思うのですが、’80代のクルセイダーズのライブ・イン・ジャパンで初めて大きくフィーチャーされておっさんも好きになったギタリストですな。上手さの割りに活躍の場が少ないような気がしてたんですが、マイルスのマン・ウィズ・ザ・ホーンに参加した時にマイルスに、気に入られなかったのが尾を引いてたのかどうかは、知れませんが、気になってたギタリストです。

ギタリストがどうしてもコピーしたいギターソロがあると思うのですが、おっさんの場合、クルセイダーズで言うと、南から来た十字軍のラリー・カールトン先生のSpiral、そしてライブ・イン・ジャパンのSpiralのバリーさんのソロですな。どちらもめっちゃ唄ってて格好良いですな。

クルセイダーズに在籍してた頃は、レスポールを使っておられましたが、体が細くてイケメンで、ちょっとメルギブソンの弟言う感じで、ほんで、バリバリ、ギター上手いし。あれから20数年。やっぱりおっさんになってますが、ギターは、相変わらずのトーンで、少し、歪み方は大人っぽくなってますが、ヤマハのオリジナルモデルを使っているみたいですが、良い音してます。

さて、音の方ですが、タイトル通り、コルトレーンにインスパイヤされてる内容ですが、端的に言うと、ラリー・カールトン先生のラストナイトの頃の感じで、バックは、もっと4ビートと言う感じですかな?ギターは、もちろん違いますが、おっさんらの年代には、心地良ろしいですな。

長い事会ってなかった旧友に会った様な、嬉しい気持ちで、聴いてますな。
このページのトップへ

遠足前夜

解禁準備
新しいウエーディングシューズを買いました。これで、4足目ですか?渓流用のはね。Vibram社のIdrogrip soleですかな?信頼してた、Fiveten社のアクアステルスソールに変わるゴム底ですな。昨年発売されて、気になってたのですが、手頃な値段のが発売されたので、Cabelasに注文したのが届きました。

2月もそろそろ中旬。来月には渓流の解禁ですな。ブログを始めて、毎年この時期になると同じ文句を書いてますが、いくつになっても、解禁前は、そわそわしますな。ここ、2年ほど、海フライにはまり、渓流は、春先からGWまでと言うパターンが多くなってましたが、今年は、もう少し、渓流に行こかなと思ってますな。

加齢と共に、寒さにめっきり弱くなったおっさんは、メバル用のホッパーをこさえつつも、釣りには行かず、家で、もじもじギターを弾いて過ごしてましたが、2月の声を聞き、春用のフライのタイイングに精をだしております。

フライパターンも、あい変わらずのパターンばかりですが、最近は、パターンブックを見るよりも、過去に実績のあるフライを補充する事が多いですな。海フライばかり巻いてたので(大きいのばかり)#18や#20と言ったサイズのフックに巻くのは、肩が凝るやろな?と思ってましたが、巻きだすと意外とすんなり巻けてます。

今回も個人輸入で買いましたが、色々国内の釣具屋や、海外のサイトを調べていると、円高の影響か?国内の釣具屋さんも頑張ってますな。以前Sheerと言うメーカーのスレッドを捜して見つけた島根県のMaritiyaさんと言う釣具屋が安く提供してくれてます。品揃えは、日本に入るメーカーが全部は揃ってませんが、よう分かってはる品揃えですな。
アドレスは、http://martira.web.infoseek.co.jp/martiramain/martiramain.index.htm

ここや、他の釣具屋さんも色々見て、今回買いましたが、総額で200$位だったので、あまりお得感は、無いですな。写真のウエーディングシューズとFlambeauのフライロッカーと言う、ばかでかいフライボックスを国内で買うのと値段的には変わりませんでしたが、それにDr.slickのタングステンのはさみとフライラインとバッキングをつなぐブレイデットループが1個がおまけで付く位の感じでしたかな。

実際におっさんらが行く川のフライでの釣りは、4月の2週目以降がドライフライで楽しめるのですが、今から、そわそわ、遠足前夜の気分を長く楽しめますな。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

Live Tonic
遅まきながら、あけましておめでとうさんです。
今年は、年に数回しかアップできない!とならないようにしたいと思っております。が、昨年のお盆以降の、仕事の忙しさに加え、おっさんの働く港のコンテナーヤードが午後20時まで開ける様になり、益々、仕事の時間が長くなりつつあります(残業代は貰えますが)

そんな、忙しさのピークの年末に、長年のバンド仲間の先輩で、ライブハウスを経営されていた、H氏が急死し、あまりの急さに連絡が来たのが葬式の当日で、当然式にも出席できず、荼毘にふされた翌日には遠い実家にお骨を持って帰られるとかで、お別れもできず、精神的に、かなりきつかったですな。

来月には、追悼ライブも予定されているそうで、一応声は掛かってるみたいですが、たくさんの関西在住のプロミュージシャンが出演されると思うので、おっさんらの出演は、未定ですが、決まれば、また、近所の人には報告しまっさ。合掌!

そんな、辛い時にも助けてくれるのが音楽の良い所ですな。今日は、友達のYやんにたくさん借りてる音源の中から、Christian McbrideのLive at Tonicを紹介しまっさ。

久しぶりに、聴いて、無条件に格好良えと思えるアルバムですな。3枚組みですが、ディスク1がレギュラーメンバーによる演奏。ディスク2と3がそのメンバーにゲストを迎えてのジャムセッション言う感じです。

おっさんは、このChristian Mcbride言う人知らんかったんですが(最近、釣りにしろ音楽しろ、専門雑誌を全く買わなくなったので、情報に疎いですな)チック・コリアをはじめ、たくさんのジャズ・ジャイアンツとの共演もあるそうで、アコースティック・ベースの確かなテクニックと、エレクトリック・ベースも操る所は、ブライアン・ブロンバーグを彷彿させますが、さらにそれにFunkをプラスしたような、凄腕ベースマンですな。

おっさん的には、レギュラーバンドのディスク1が一番Jazz色が強い様に思います。Jazzの本来持ってる即興演奏。アドリブに呼応してのインタープレイの応酬とでも申しましょうか?‘今‘もJazzが生き続けていることを、強く感じさせてくれて、毎日聴いてますな。

おっさんが感じるベストテイクは、ディスク2のラストで、国内盤しか入ってないみたいですが、Bonus Jam1とクレジットされたFunkyな曲。ギタリストのCharlie Hunterのカッティングが心地良いです。

クルセイダーズを、FunkyなJazzもしくは、フュージョンとするならば、FunkなJazzと言う感じのごきげんなアルバムです。

国内盤でも値段もご機嫌ですな。
このページのトップへ

本日の釣果


西ノ宮浜
今朝釣れた、せいご。こちらでは、ハネ言いますな。ベイト(餌)を良く食べてたのか?コンディションも良く、サイズの割りによく引きました。

3ヶ月ぶりですな。全然アップできてまへんでした。8月の盆開け以降、9月の連休明けまで、けっこう仕事が忙しいのと、毎週のように、行ってた海フライの釣りのお陰で、書く暇がありまへんでした。

この3ヶ月、世間では、政権交代、数多の殺人事件、デフレといろんな事がありましたが、おっさんの働く港では、徐々に、荷物(コンテナー)が動きつつあり、昨年以前の水準には、及びまへんが、それなりに忙しくなってきてます。

港が忙しいと言う事は、そこから出た、荷物の動きによって、仕事が周って行くという事なので、職種は、限定されるかも知れまへんが、そこそこ上向いてくるんとちゃいまっか?


寒さが厳しくなりつつあるこの頃、未だ水温は、高めなのか?海では、まだ、青物、太刀魚、スズキと、大きくなった、さより、あじなど、多種の魚が、フライで、狙えます。

今朝も、仕事が休みだった、ウグイハンター氏と、金持ちの街の海辺へ、スズキ狙いで釣行しました。
今年のバチ抜けシーズンに、行った場所の近所でしたが、潮通しが良く、明るくなる前から、「ボコッ、ボコッ」とボイルする音が聞こえます。

竿にラインを通し、フライを結び、念の為?たも網をセットし、ラインバスケットを装着すると、空が白み始め、すぐ足元でも、ボイルしてます。

今日は、北東から風がそこそこ吹いてて、フライで釣るには、アゲインストに近い風。シューティングヘッドのシステムで釣るおっさんは、40ヤードほど、ラインと、シューティングラインを引き出して、キャスティングしますが、ラインは、全部出て行っても、風に押し戻され、30ヤードもフライが飛ばない状況。

周りのルアーマンの半分も、飛んでまへん。しかし、楽しく、キャスティングして、リトリーブを繰り返す事、1時間。すぐ近くまで、リトリーブして、ラインを引く手を止めた途端、「ゴゴゴッ」とあたりがありました。

すぐさま、でているラインをリールに収納しようとすると、3回ほど、ぐいぐい、もぐりこみ、それをいなして、この間、Cabela'sのバーゲンで買ったRossのエボリューションと言うリールのドラッグ(ブレーキですな)を試すべく、リールでのやり取りにスイッチ。
ross reel

カベラスの年末バーゲンがそろそろ始まってます。おっさんが1ヶ月ほど前に買った時は、一番大きいモデルが245ドルでしたが(ちなみに、日本で買うと、5万円ほどします)先週から、黒色は売り切れてましたが、他の2色は、100ドル台後半になってますな。モデルチェンジするからか?かなり安くなってます。

で、リールのドラッグ性能も、全然大丈夫で、一番締め込むと、これくらいのサイズの魚やったら、バシッと止めれます。が、その分竿が、180度以上締め込まれます。少し緩めて、エラ洗いを1発、かわし、ウグイハンター氏に助太刀してもらい無事キャッチでけました。

釣れた、フライは、必殺!イワイミノーの、かなり大きいパターンでテールまで入れると12,3cm位かな?ラインは、タイプ4をカウントせずに(投げてから沈めずに)キャストしてすぐリトリーブしてました。

関西やったら、ポイントにもよると思いますが、12月半ばまで、楽しめると思います。最近は、夜より早朝の方が釣れているみたいですな。朝でも、夜でもかなり冷え込みます。防寒対策はしっかりしてお出かけくだされ(特に、足先と首周りね)

釣れた魚は、持ち帰り、半身を洗いに、半身をから揚げにして頂きました。まだ産卵が終わってなくて、お腹一杯に卵を抱えてました。産卵が終わる12月中旬以降は、身がスカスカになりますが、今日は、美味しく頂けましたな。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

baked potato super live
再発を待ち焦がれてたアルバムがすでに発売されてました。結構調べてたんですけどなぁ。
LAにあるBaked Potatoと言うライブハウス。そこで、グレッグ・マティソンを中心に集まった凄腕ミュージシャンのライブ。The Baked Potato Super Live!

いやぁ。夏バテです。全然アップできてませんな。少し朝夕も涼しくなってきたので、また、ボツボツ書いていきまっさ。


このアルバムでギターを弾いているルークさんも影響を受けているジミヘンですな。お奨めとは関係ないですけど、釣友の麩さんが乗ってる車のCMで流れてて懐かしさとともに耳について離れないですな。曲名は、Crosstown Traffic。アルバムは、エレクトリック・レディランドに入ってまっさ。

今日のお奨めは、以前にも少し触れていましたが、再発して欲しかったCDの1枚ですな。オリジナル盤が発売された当時、あほみたいに、ギターばかり弾いてた頃ですが、スティーヴ・ルカサーと言うギタリストを、初めてまともに聴いて、好きになったアルバムでもあります。

今回の購入で初めて知ったのですが、このアルバムは、日本だけでの発売だったそうな。デヴィッド・スピノザのヒアズ・ザット・レイニー・デイもなかなか再発されないなぁと、思ったら、こちらもどうやら日本だけの発売だったみたいですな。良えもんは、良え。頼んまっせ。日本のレコード会社さん。

で、このアルバムですが、まずメンバー。キーボードが、グレッグ・マティソン、ギターがスティーヴ・ルカサー、ドラムがジェフ・ポーカロ、そして、ベースが今は、牧師さんになってるらしい、ロバート・ポップウエル。とメンバーを見れば、結構フュージョンぽいと思いますが、当時のルークさんの影響もあるのか、かなり、ハードなロックっぽいフュージョンアルバムになってます。

恐らく、ベースがポップウエルさん違うかったら、かなり、雰囲気は、ロックになってたと思います。今は亡き、ジェフさんのドラミングも独特のスネアの音色と、ともに、TOTOとは、少し違う雰囲気ですな。

おっさん的には、3曲目のFirst time Aroundという曲を、出た当時、必死でコピーしてましたな。それと、ヴォリュームペダルをこのアルバムを聴いたお陰で、購入し、これ以前のヴァイオリン奏法とは違う使い方を習得できましたな。

音的には、今聴いてもあんまり古く感じませんが、LPのそのままの音源なので、時間は短いですな。
夏バテが収まってきた、この頃、仕事中も無線が聴こえない位のフルヴォリュームで、聴いて、栄養注入して貰ってます。中年の全ての元ギター小僧に。また、若い人には、ほんまに格好良いインストアルバムとして、お奨めします。

このページのトップへ

価格設定

土肥富フック
釣友のウグイハンター氏に教えて貰った、土肥富(MARUTO)と言う、釣り針ノーカーの直販でとりあえず、海用とカディス用のフックをお取り寄せしてみました。


夏と言えば、レゲエ。レゲエと言えばボブ・マーレイ。って言うのもおっさんの印か?名曲ですな。

日本の釣り針の技術が、世界一なのは、昔から有名ですが、兵庫県の播磨地方がその殆どを生産してる事でも知られてますな。で、今回、教えて貰った土肥富と言うメーカー。めちゃくちゃ安いです。

おっさんも、早速、HPを拝見すると、プロ(漁師)用から、えさ釣り用、ルアー用、そしてフライ用と凄い種類が載ってます。で、普段使っているT社のフックが1パックの数が減った上に値上がりしたのもあり、渡りに船と言う感じで、今後はこちらのフックに替えて行こかなと思ってます。

土肥富と言う会社のある土地柄(国内外を問わず有名メーカー物を生産してますな)と会社の概要を拝見すると、全くクオリティーには、不安も無く、サイズだけがどうかと思いました。それとT社のフックモデルが全部あるわけではないですが、例えば、海用のステンレスフック。値段で比べるとT社は、10本入りで、600円から800円位しますが、こちらは、100本で1200円前後。笑ってしまう位安いですな。

最近海用で使うフックが、ステンレスなら、T社の品番で言うと777と811Sの2種類が多いですが、土肥富さんの品番で言うとSS1930とSS1920がこの2種類に該当すると思います。他にも似た様なデザインがあるので、興味のある方は、ご覧下され。http://www.fishhook.co.jp/

これまで、ステンレスフックは値段が高いので、バスバグ用の8089や200Rなんかを流用して使い捨てで使ってましたが、これで心置きなく使えますな。

海用のフライは、使い終わると現場で真水に漬けて、持ち帰り乾かすとフックが丈夫なので、また使えますが、おっさんの場合、寝癖じゃないですが、マテリアルに変な癖が付くことが多いので、ステンレスフックでも1回しか使いまへん。フックのサイズも、渓流用みたいに、細かくサイズをそろえる事も無いのでね。


しかし、フックに限らず、フライ用品ちゅうのは、価格設定が高めですな。で、フライショップも判で押したように定価で売ってるのが多いですな。埼玉にある吉見屋さんは、豊富な品揃えと価格が安い事でも有名ですが、ちょこっと買うのに通販言うのも(吉見屋さんは、それでも丁寧に対応してくれますが)気が引けるので、ホームセンターなんかで、買い物ついでに代替品を捜すというのが多いですな。と言うか、楽しみですな。

あと、釣具の量販店と言うか、チェーン店ですな。おっさんらの方ではフィッシングマックスが有名ですが、ここのHPの最新釣り情報も活用してますな。で、こう言うお店のルアーコーナーにちょくちょく行ってます。フライで使う、目玉(シールアイ)のシールなんかも、細かいですが、フライ用の半額で売ってます。テーパーリーダーや、ティペットも常に何割引かになってますしね。

それと最新釣り情報言うのが、どこでえさが何でどんな魚が釣れたと言うのが、写真入りで、かなり細やかにアップされているので、役に立ってますな。サイトは、こちらhttps://fishingmax.co.jp/

ホームセンターに目を移すと、写真の左側のフォーム材。フィッシングマックスのルアーコーナーでも売ってるイワイミノーのボディー材に代用してます。ま、これは、皆さん、もうお使いでしょうがね。フライ用の気泡の細かいフォーム材も長い事浮かんでいるので良いのですが、おっさんみたいに青物狙いで、重いシンクレートのラインで沈めて使う場合、魚からしたら食感?だけかなとも思ってますな(冗談ですが)。浮かして使う場合でも、フックを貫通さす所を接着剤で、きっちり補強してあげれば、問題ないレベルで使えると思いますな。

土肥富さんの方ですが、最初サイズが分かりにくいと直接電話入れると、丁寧に対応してくれ、HPから注文すると、2日で届き、3150円以上買うと送料無料と、言う事なしですが、支払いをクレジットカードでも対応してくれると有難いのですがね、ま、代引き料金払っても、全然お得ですけどね。

先行きの見えない経済状況。この時期に少しでも安く買えた時のささやかな喜び。これを工夫と知恵と言うのか?ただの貧乏性なのか?!また、良い所があったら紹介しまっさ。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。