background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

冷凍もん

ティー・オーレ

コーヒー党のおっさんもたまには、紅茶も飲みます。砂糖を多めに入れたティーオーレ。寒いときにはうまいですな。散らかったタイングデスクでちびちび舐めながら毛鉤を巻きます。

最近の中国の冷凍食品の騒ぎを見ていて思う事を少し書かしてもらいまっさ。
毒入りは、あかんことやけど、アホなマスコミの報道を見ていて、ふと思ったのは、冷凍食品の使い方の変貌と冷凍技術の進歩ですな。

一昔前は、野菜などの繊維質は冷凍して解凍すると細胞が潰れて水分がびちゃっと出てくるほどだったのが、今は、それも解消されているようですな。当然食感や味も損なわれることなく、クオリティーは、向上してきてるので、おかずがもう1品欲しい時の手助け的な存在から主采的な扱いが増えてきてると言う事なんでしょうな。

昨日テレビでキャラクター弁当言うんですかな?それを作る人を取材してましたが、冷凍食品を使わなくなって、その分作る時間が増えたと言うてはりました。それを聞いて、ん?見てくれのために作ってんの?と思いましたな。当然手作りだと思ってたおっさんは、冷凍食品を使ってるとは思ってなかったのでね。

これが、今の日本人を端的に象徴してるな。と、思いました。おっさんらの年代やったら、子供や家族のことを考えたら、まず、食の安全やろ?と思います。忙しい主婦の悪口やおまへん。他の例えば仕事でミスした時も同じセリフを聞くことが多いです。

「時間がない」時間が無ければ工夫する。それが哺乳類のなかで唯一時間をコントロールできる人間ができる事やと思うのですがね。

考えるの邪魔くさいわ!と言われれば、それで終わりですが、限られた時間をどう使うか?スケジュール考えてみなはれ。おのずと作業の手順を考えるようになるでしょう。おっさんがコックをしてる時、ホテルやったので朝の6時から、朝食の準備をしながら、ランチのメニューとその日のスープを何にするか考え、下準備の段取りを考えます。

ランチの準備が終わったら、店頭で売るケーキの下準備をします。ランチタイムを裁いて、ケーキの焼き物を焼いてから、休憩して、ケーキの仕上げをします。それから料理やケーキの下調べもしくは新メニューの試作をして翌日の朝食の仕込をします。

ケーキ屋をオープン分する前には、それから、有名店に行ってケーキの研修です。で家に帰るのが日が変わっててからと言うパターンでしたが。さすがに主婦の方はそんなハードな事はできないでしょうから、ランチタイムまでで家事の一切を済ます。それからゆっくり休憩しながら(もしくはパートの勤務中に?)夕食と弁当の献立を考える。

冷凍食品を全くやめて、例えば餃子の皮から手作りでやってみよう!と思っても、今は、ネットで検索すれば何ぼでも、レシピを調べれます。ま、全ては家族への愛とちょっとやってみようかな?と言う気持ちだけです。

毎日毎日疲れる!と言う方は、たまには、自分だけ友達と連れ立って少し豪華なランチでも外食して息抜きもしなはれ。家族に文句言われたら、「新しい晩御飯のメニューの勉強」と言うたら良ろしおま。それと、目先を変えると言う事で、結構刺激になりまっせ。

あ、それと、核家族くらいでも手作りの方が絶対コストが安くできます。これも、工夫が必要やろうけどね。おっさんは、料理の経験があって手間がかかるのを知ってるから、弁当を作ってくれる人にいつもありがとうと言います。これを分からせるのには、一緒に作ってみる(作らせる!)と言う事も大事でしょうけどな。

でも、おっさんの会社の同僚でも聞きますけど、昨日の晩のおかずと全く一緒のおかずの弁当でも、感謝してまっせ。

このページのトップへ

本日のお奨めCD

山下洋輔

寒おますなぁ。今日は山下洋輔さんのこれは、’88になるんですかな。ニューヨークのスィートベイジルでのライブ盤を紹介しまっさ。

この時期、最近はまってる海フライで、メバル釣りに行きたいけど、寒すぎるぞ!と言う時は暖房の効いたお部屋で、しこしこ毛鉤巻きに精を出しますけど。その時に聴くのがピアノトリオの演奏が多いですな。


このアルバムは、’88の録音で、メンバーは、山下さんとベースがセシル・マクビー、ドラムがフェローン・アクラフ。

出た当時聴いた感じが、「おっ、ソーソドックスな演奏してるやん」というので、2曲めのTake The A Trainのリストを見て買ったんですが、おっさんが山下さんの’普通’の演奏を聴いた初めてのアルバムですかな。

やはり、ジャズは、ライブが緊張感があって良ろしいですな。たまに、あの「うちょちょうちょ~!」(これは坂田明さんか?)言う感じのアウトしていくフレーズも飛び出したりしてますな。

昔の山下洋輔トリオは、強烈な個性のメンバーばかりでしたが、山下さんはじめメンバーが執筆してる本もなかなかおもろいの多いですな。また、そっちも紹介しまっさ。
このページのトップへ

寝違い?

兄やん

おっさんの兄貴です。釣友からは兄やんと呼ばれてますな。釣りに行くといつもベストに差してる?ような流木と言うか、色んな形状の木(落ちてるのだけですが)を目ざとく見つけ、上の状態は、珍しいですが集めて持ち帰り、かなりセンスの良いオブジェ風の植木鉢置きなどをこさえてますな。音楽、アウトドア、もの作り等々この人からの影響でおっさんが出来上がりました。


今日は、写真とは全く関係ないですが、昨年の暮れ。まだ12月の2週目位でしたかな?朝一、奈良の早出の仕事を貰ってたおっさんは、朝の4時から起きて仕事に向かおうとすると、右半身が痺れてましてな。

少し頭も鈍痛と言うか、痛重いという感じで、「ま、3時間しか寝てないからやろ」といつもの調子で出かけました。

しかし奈良から帰ってきても、痺れは一向に引きまへん。朝よりは、少しましになったかな?と思う程度で、段々不安になってきたわしは、以前運転中に軽い脳梗塞を起こした先輩に急いで電話しましたな。

それで、その先輩の症状を聞くと時間が経つにつれて段々ひどくなっていったそうなんですが、とにかく脳外科に行ってMRI撮ってもらえ!と言われ、有名な病院を教えてもらい、その日は早退して行ったんですな。

電話で看護師さんに、症状を言うとかなりマジな声で、昼からすぐ来てくださいと言われて、ちょっとびびりましたな。

昼飯もそこそこにおっさんの地元で有名な脳外科へ出かけ、順番まちして、脳のMRIと首の大動脈のエコー検査をして貰いました。

検査が終わって待つ事30分。この時間がめっちゃ長く感じましたな。
で、名前を呼ばれてドクターの前へ。

大柄で誠実そうな顔をした先生は、にこやかに(余計びびるがな)脳のレントゲン写真、脳内の血管の写真、それと首の大動脈の写真を並べて見せてくれ、一言「どないもないです」「きれいなもんや」

ごくりと生唾を飲み込み「へっ?」「あ~そうですか~」となんとも間の抜けた返事しかできまへんでしたが、大きな安堵感に包まれつつも、まだ痺れは残ってま。

「ほんなら、先生、この痺れは~、寝違い?」と思わず語尾上げで聞いてしまいましたな。「そう。。。かな。。?」と、先生。

「なんじゃ、そら」と内心思いつつ、ゆるりとした気持ちになっていきましたな。ま、おっさんらの年代になったら1回MRIした方が良いとは、思ってましたが、検査代の8430円が高いのか?安くついたのか?妙な気持ちでしたな。

先輩方に聞くと、口を揃えて「それで済んだら安いもんや」と言われましたがね。まぁそうでんな。

しかし、検査結果が何も無くて良かったら、現金なもんですな。普段から血圧の高いおっさんは、歌を唄うのを控えていたのですが、これで思いっ切りシャウトできるわと思うと嬉しくなり、久々に酒が飲みたくなりOld Grand Dadを買って帰り、痛飲してしまいましたな。

あ、そうそう脳の外周の切れ込みと言うか溝みたいなのありまっしゃろ?以前テレビか何かで、あほな人の脳は、その溝がの切れ込みが薄いと言うかつるんとしてると言うてましてな。

それがごっつい気になってたんですが、それは、そうでもなかったので少しほっとしましたな。
このページのトップへ

冬の動物園

ワオキツネザル

文字通り、「ワ~オ!」と言う風なポーズをとってるワオキツネザル。癒されますな。

この間、近所の動物園に行ってきました。行きたいと思いつつ、長い事行けないでいたのですが、久々に楽しめました。

旭山動物園の影響でしょうか?動物を間近で見れる工夫が随所に見られ、おっさんでもかなりおもろいです。お子様連ればかりかと思いきや、本格的なカメラを持った中高年カメラマンも結構来てはりましたな。

寒い日だったので、一様に日向でじ~としてる動物が多かったですが、それはそれで、間近でユキヒョウの肉球を見れたり、フライタイイングで使う、ギニアフォール(ほろほろ鳥)を見れたりと、色々楽しめましたが、一番驚いたのが、馬熊でしたな。

馬熊と言うのは、チベットヒグマの事なんですが、手足が異様に長く、文字通り馬のような熊なんですがこれが結構な速さで檻の中をうろうろ走り回ってましてな。おっさんはこの生態を知らなかったので、驚きました。

日本では、2箇所くらいでしか見れないそうなんですが、チベットでは、イエイティ(雪男)の正体と言う説もあるそうですな。確かに毛足も長く、2本足で立てば有に2mは軽く越えるだろうし遠目でみたら、人と間違えるかも知れまへんな。

残念ながら、動きが速かったので、おっさんの拙いカメラの腕ではよう撮りませんでした。

会社勤めされてる方は今年の正月休みは、長いですな。ぽっかり空いた1日、冬の動物園に行ってみてはどうでっか?本格的に寒くなると人出も少ないし、ゆっくりできまっせ。意外と真剣に見て回ったら、結構な距離歩きますからな。良え運動なりまっせ。カメラを忘れずにね。
このページのトップへ

本日のお奨め本

二コルさんの本

たまには、本を読みましょうと言う事で、C.W二コルさんの本を紹介します。

二コルさんも、好きな作家の1人でして、結構この他にも読んでますがやはり何と言っても「勇魚」(いさなと読みます)。和歌山県の太地と言う所の昔の鯨取りのお話ですが、失礼ながら外国の方がこれ程日本の文化を分かって書いておられるのは、少ないと思いますな。

歴史的な絡みも加え、引き込まれるストーリーです。勇魚の続編とも言えるのが、「盟約」ですな。日本人のおっさん連中が好きな、幕末から明治にかけての時代背景、男が男らしかった、そして強かった時代の話ですな。

そして、今年発刊された、「鯨捕りよ、語れ!」は、勇魚を執筆してた時の二コルさんの半自伝的と言うか、小説を書いている時の作家の様子が良く分かる本ですな。それと、キャッチャー・ボートと言う鯨捕りの捕鯨手と乗組員の職人的なプロ意識が、うまく描かれています。

おっさん的には、二コルさんの野外料理の本が好きですが、その中に書かれてた、鯨料理の一つに、鯨の尾のみと鹿の子の肉を薄くスライスして合わせ、酢飯に乗せて、のりを巻いてにぎりにする食べ方、恐らくこの鯨捕りの取材中に教えて貰ったと書いていたと思うのですが、酢飯なしでも、絶品です。

最近は、ミンク鯨やけど、昔ほど高くはなく手に入り易くなっているので、機会があればお試しくだされ。二コルさんの野外料理の本もまた、紹介しまっさ。








このページのトップへ

固定概念

青梗菜の花

いやはや1ヶ月のご無沙汰です。なかなか書きこむ暇がないものでね。ブログと同様、何もせずに放ったらかしにしてたら、きれいな?花が咲いてしまった、青梗菜。

仕事も忙しいのもあるのですが、この時期渓流が解禁になるので、1年分のフライを巻かなあかんし、ギターも弾く時間が長くなったままで、おまけに最近デレク・トラックスの影響を受けてスライドにはまってましてな、と言う訳でブログは放ったらかしでした。

スライドちゅうのは、ガラスやスティールの管を指にはめて弾く奏法ですな。知らない人に言うとハワイアンみたいな音ですな。これがなかなか音程が安定しないと言うか、ある程度の練習が必要で、これに結構のめりこんでますな。

スライドにはまるきっかけを作ってくれたのは、何べんも紹介してるオールマンブラザーズバンドの若きスライドマスター、デレクト・ラックスなんですが彼の演奏を見てから、スライドに対する固定概念が崩れ去ったと言うか、はたと考えられましてな。


これは、こう言うもん。と知らず知らずの内に決め付けてるんちゃうんかとね。結構反省しましたな。おっさんになってる証拠ですが加齢と共に頑固になってくるのは仕方のない事かも知れまへんが、時間の経過と共に自分も周りのものも全てが変化していくのに対応して行く為に’情報’と言う物が改めて重要やなぁと当たり前の事を感じていますな。

社会に出て会社とかの組織の中に入って暮らしていると、どうしても似か寄った思考の持ち主同士の付き合いが多くなり、思考の幅が狭くなりがちになりますな。こう言う時に学生時代の友達や趣味の友達との会話が考えをリフレッシュさせてくれます。

これから社会へ出て行く人に。また再チャレンジ(就職)する人に。友達。これがしんどい時に助けてくれます。大事にしなはれ。友達おらんもん!と言う人は、ガーデニングかペット。これも癒してくれますな。それと音楽ね。

もう無理や!と、思ってもそれは、それ以上やった事が無いから!とりあえずやってみ!意外と天井は高いもんやで。

上の写真も何もせんかったら周りは変わっていくでーと教えてくれましたな。ほんで、ほんならと四季咲きイチゴに植え替えました。
四季咲きイチゴ

春と秋に収穫できるそうな。
このページのトップへ

携帯の使い方

ワンセグ

やっと携帯替えました。ワンセグちゅうやつですな。どないでっか?はめ込み画面ちゃいまっせ。結構きれいでっしゃろ?

携帯替えなあかんなぁーと思いつつだらだら前のムーバのを使ってたんですが、会社の後輩にこの機種安くて契約切れてもテレビだけ見れるでと、教えてもらい捜してたんですが、もうすでに契約切れてもテレビ見れると言うのがネットでも話題になってたのもあるんでしようが、結構な値段してましてな。

結局家から一番近い携帯ショップが一番安かったので貯まってたポイントプラス2千円位で替えれました。2つ前の型になるのかな?でも、まだドコモのワンセグがこれしか出てなかったみたいでしたのでね。


おっさんの仕事はコンテナーを運ぶ事なんですが、年が明けて旧正月が過ぎてもまだ、荷物は動いてますな。忙しいのは結構な事でっけど、夕方からコンテナーヤードにコンテナーを搬入するのに、多い所は100台位並ぶこともあります。

並んでいる間手持ち無沙汰ですな。本を読むのも良いんですが、並んでてもちょろちょろ前に動きますな。そうすると少し集中したい本なんかは読めまへん。そう言う時にちょっと夕方のニュースなんかこれで見れるから重宝してますな。

ようトラックにテレビ積んでいる人いますな。おっさんとこの会社も積んでも良いんですけど、軽くラックみたいなのを組まなあかんし、場所をとるのと、昼間は殆ど見てる暇が無いのでね。

しかし、ほんまに携帯はどんどん進化してますな。音楽と携帯だけならめっちゃ薄くなってます。ほんで、新しい携帯に替えたらリアルな音源で着メロ設定できますな。

後輩がデレク&ドミノスのレイラを着メロにしてて、それを聴かせて貰った時にそのリアルな音源に驚き、「わしも携帯替えたらしよう」とささやかな夢を持ってたのができました。

今の着メロは、オールマンブラザーズのStatesboro BluesとクルセイダーズのFairy Talesにしてますな。

CDからPCに取り込んだのをサウンドエンジンと言うソフトで45秒位の短さに好きなメロディーをカットして携帯動画変換君というソフトで音源を変換して、サーバーに送りそれをドコモならIモーションに取り込むとminiSDを買わなくても、着メロだけならできますな。

詳しくはhttp://www.eonet.ne.jp/~link-room/index.htmで見てくだされ。ドコモ以外も一杯載ってますので出来ると思います。

しかし、おっさんの場合、着メロと似たような音をいつもでかい音で鳴らしているので、写真のようにホルダーに入れてると、着信あっても気付かん事が、ままあって、この間も電話してくれてるのに3人無視してしまいましたからな。すまん、すまん。
このページのトップへ

フィールドからのフィードバック

mt,マッキンリー
アラスカ、Mt,マッキンリーをバックに釣る。若かりし日のわし。日本人はガイドになめられると言った、誤った情報もあったのですが、行った初日13時間ぶっ続けで釣りしたら、翌日からNO1のポイントに連れて行ってくれる様になりましたな。

この間、アメリカの元副大統領のアル・ゴア氏がテレビで環境問題について話してましたな。ゴアさんの著書「不都合な真実」は、かなり話題になってるようですな。世界一の情報網を垣間見てきた人の話はおもしろそうですな。おっさんも買ってから読んでない本(10冊以上ある!)を読破してから買おかいなと思ってます。

ここ何年かの異常気象のせいもあるのでしょうが、環境破壊に関心が集まってきてるようですな。

しかし、テレビなどを見ていると、ん?人間からだけの視点と言うか、人類が普遍的なものと捉えてるんちゃうん?と感じましたな。人類が誕生して今までの時間と地球が誕生してからの時間を考えると人類が存在してる時間は微々たるもんなんですけどな。

だから、京都議定書だのなんだのと言っても環境破壊は止まらないと思いますな。大体、先進国は自分が産業を発展させる為に散々汚しといて途上国が発展してきたら、したらあかんとは言ってないけど、規制するちゅうのは、これから発展していこうとしている国にとったら「何、抜かしとんねん!」となりますわな。

おっさんは、仕事柄、輸出入を肌で感じることが出来ますが、ここ3,4年は、年末よりも年明けの旧正月までの方が忙しいと感じることが多々ありました。今年と言うか去年の年末は忙しかったと言うか、忙しいまま年越して今も続いていると言う感じですな。

原因はやはり中国の好景気でしょうが、巷では、中国の次はインドが来ると言われてますな。中国だけでも日本並みに車が普及するだけで恐らく気温の上昇が今の倍以上のスピードで加速すると言われてます。

フライ・フィッシングと言う趣味を通じて、自然のフィールドに接する機会が多かったせいもあり、環境の変化と言うのは確実に感じてましたな。例えば、いつも刺されると猛烈に痒くなる、ぶゆと言う虫が全く見なくなったり、気温と水温の上昇。フライの釣りは水温に敏感になります。ここ最近の夏の水温は「なんじゃ、これ?」言う位まで上がる事もありますな。

フィールドで自然に接するうちにどうあがいても、環境破壊は止められないとおっさんは、10年以上前から思ってましたが、同時に環境に悪いことは自然にせんようになってました。だから今更と思いますがわしらに出来ることは目の前の事しかできまへん。出来る事からコツコツとですな。所詮人間も自然の中で生かされているんやと思いますな。

バラエティ番組見てげらげら笑う事も良いでしょうが、たまにはテレビを消して月明かりでとは言いまへんが本を読むとか、家族と話すると言うのも良いんとちゃいまっか?あっ、そうそうフィールドに出かけるのもね。

星野道夫
アラスカの現地の人では知らない人がいない星野道夫さん。その著書のひとつ、アラスカ光と風。想像を絶する厳しい自然の中で活動されてた星野さん。今、この時期、この人の言葉が心に染み入ります。写真では、世界的な方ですが文章も上手いと、おっさんは思います。素晴らしい写真もいくつか掲載されてますが、氷河の美しすぎる青い色は言葉では言い表せませんな。
このページのトップへ

いじめっ子・いじめられっ子

真空管

往ってしまいました。ブギーの真空管。折角組合が会社と掛け合ってアップしてくれたボーナスの分がパーですわ。まぁ、よう持ってくれましたけどね。

いやぁ、ギター弾くのが忙しくてなかなかアップできまへんでしたなー。今日は写真とは関係ないですけど、いじめの問題についておっさんが小学生の頃体験した事なんかを書かせてもらいまっさ。

相変わらずおバカなマスコミの「これ見てん、これ見てん」的な報道のお陰で連鎖反応的ないじめが原因の自殺が多くありましたな。
最近少し自粛しているのか、この手の報道は減りましたが。

大体、殺人事件にせよ、飲酒運転にせよ報道の仕方ですな、犯行の内容までつぶさに報道してけつかる(失礼!)模倣犯や愉快犯が出ることを考えて、報道しとんのんかえ?といつもおっさんは思ってましたが。。
「真実を伝えるのが報道の使命だ!」みたいな事言うんでしょうが、ワイドショーですな。

木を見て森を見ずでは、無いけど、受け取る側(見る側)の大人が幼稚になっている事に気付いて無いと言うか、細かな配慮が全然ないですな。民放の場合は、数字を摂るのが大事なのは分かりますが、報道だけは、別物だと思うのですが、この国の国民の物の捕らえ方や考え方を左右すると言うのを、前の政権で痛感してないのやろか?頼んまっせ。

まぁ愚痴はこの辺にしといて、いじめですな。おっさんは、基本的にはいじめっ子でしたが、何ヶ月の間かクラスメートに無視された事もあります。なんでか?未だに原因は分かりまへんがね。

その時に一人だけ一緒に遊んでくれた子がいました。今でもその恩義?は、忘れてまへんが、その他にも、本を読む事と人の(相手の)気持ちを考える様になりましたな。

その時を取っ掛かりに、その小学校の小さな図書館の本は百科事典と辞典類以外は殆ど読破してしまいましたな。まぁ、ひらがなばっかしの本が多かったとは思いますがね。

おっさんの場合、根がファンキーなもので人間関係で悩む事は少ないですが、それでも本を読んでいる間は、その世界に入り込めて没頭できる。立花隆さんがおっしゃってますが、まぁ読む本にもよりますが知識を得る対価としての本代は安い。これは、専門的な分野になるほどそう思いますな。

図書館行ったらタダ。最近の図書館は家の近所の支所になければ取り寄せてくれるし、よその支所で借りてきても家の近所で返せば良いし、便利でっせ。ブック・オフなんかの中古本を売ってる店やったら、105円で割りと新しい本(小説が多いですけどな)も買えるしね。

今は、何でも簡単にネットで検索すれば、かなり専門的なことまで(最新の学会の論文までも)知る事ができる。それは、それでとても良い事でっけど、手元に置いて何度も読み返す。これが自分の血となり肉となり、まぁアイデンティティーと言うやつですかな?それを形成するのではないかいなと思いますな。


話がそれましたけど、今、学校でいじめられていると感じている人は、何かひとつ何でもいいから自分が没頭できるものを捜して見たら良いんとちゃう?

それと、何で自分がいじめられるのか?身体的なことでなければ、いじめる人が発する言葉の端々を思い返してみると、いじめられている人にも原因がある場合もあると思いますな。ま、これは大人になってからいじめられている人に多いと思いますがね。

いじめられている時は、その時が永遠に続くように思うかも知れまへんが、後で考えれば、大したことはありまへん。その時にどう乗り越えるか?本を読むのもよし、学校以外で少年野球や、サッカーリーグ、武道の道場に通うも良し。まずもって親に相談しなはれ。

親の方も「いじめられてる?」とストレートに聞かずに、よく観察して、さりげなく何か?を捜す手助けをしてあげなはれ。

偉そうな事を書きましたが、おっさんは小学生の頃ですかな?まだ、いじめたらいじめた子の親が家に怒鳴り込んできてましたが、その親に「子供のけんかに親が口出すな!」言うて、またぶん殴られてましたけどな。
このページのトップへ

バックウオーター

今年最後の釣行になりますかな?いつも通ってる川の大きなダムのバックウォーター。秋以降産卵の為、大物が遡上してくるのですが、写真の釣行時は、降り続いた雨のお陰でこの有り様です。

趣味を持っている人、とりわけ能動的な(体を動かして行う)趣味を持っている人は、その趣味の時間を持てない時間が続くと、~したいと言う虫が疼いてきますな。これは性欲と感じが少し似てるかも知れまへんな。

おっさんの場合は、もちろん釣りとギターですが、釣りは最近、寒くなったらする気が自然となくなってきますが、釣り欲が少し衰えてきたのかな?行きたい時は、正月でも管理釣り場ガンガン行ってましたからなー。

ただ、管理釣り場と言うのは、元々居ない所に魚を放流して釣る訳で、魚のフライに対する反応は、天然の魚のそれとは少し違いますな。しかし最近は、管理釣り場の定番の魚。虹鱒(レインボー)もドナルド産の体力のある(引きの強い)のを入れてる所も多く、それは、それで楽しいですな。


最近は、やっぱり、クラプトン見に行って、また、触発されてギターを弾く時間が長くなってきましたなー。港で働く知り合いのベースマンのYさんも、おっさんと同じ日に見に行ってたそうで、やはり触発されたのかどうか分かりまへんが、ミュージックマンのスティングレイモデルを買ったそうです。Yさん、またセッションしましょねー。まだ、他のバンド仲間と会ってないので、分かりまへんが皆何か買ってるんでしょうな。

クラプトンが来日したら、おっさん連中が、楽器やCD買うから、ごっついお金が動くんでしょうな。クラプトン自身も来日したら東京の某楽器店を貸し切り状態にしてウン百万エフェクターやアンプなんかを買って行くそうです。

ちなみに、クラプトンの年収はワールドツアーした年で20数億と言われています。車はフェラーリをずっと乗り継いでいるそうな。

ほんで、おまえも触発されて何か買うたんか?って?ムフフフッ、触発されてと言うか前々から買おうと思ってた、t.c.erectronicのG-Majorと言うラックエフェクターをオーダーしました。明日来まんねん。

最近のコンパクト・エフェクターの進歩は、凄くて、コンパクトのアナログの柔らかい音も捨て難いのですが、、、迷った末、t.cの音を体験したくてねー。またレポートしまっさ。

んっ?年がら年中、欲しい欲しい虫が疼いてんちゃうん!?次は、ハムバッキンのソリッドギターてか?弱ったもんやのー。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。