background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

良く釣れる?!フライ vol 2

良く釣れるフライ?2

おっさんが巻いた実績あるフライ。右側のフルドレッシングのサーモンフライ「ジョックスコット」は、使ってまへんけど、他のは実釣で実績あるもんばっかしです。左下のバス用のホッパーは、何匹釣ったか分からん位釣ってます。かじられてボロボロになってますな。左上のディアーヘアー(鹿の毛)で作ったホッパーは、元々虹鱒の降海型のスティールヘッド用のんでしたけど、バスにも良く効きます。


今日は、ちょっと長くなりますけど、タイイングのレクチャーと言うか実際を写真で撮りましたので、解説と共にお届けしやす。
デモ2

巻くのは、名鉤クィル・ゴードンのテールをコック・デ・レオン、ウィングをCDCに替えたもんです。このパターンは、去年の4月下旬、#3の竿をのされて、日本の渓流では珍しく10m位走られてばらした
魚が出たフライです。今年もおっさんは、このフライを1番最初に結びます。では、巻き方を。
1、フックをバイスに固定して、スレッド(糸)で下巻きをしてテールを巻きとめます。
バイスにフックを固定する時は、(大きなフック以外は)針先が出ないようにしっかりと(指ではじいても動かない位)止めます。
デモ3

2、次にピーコック(孔雀)の羽を1本取り、真ん中の芯を残して左右に付いている、短い毛をしごき取り、ストリップドピーコックにします。これをテールを止めたすぐ前にまき止め、スレッドをフックの3分の1より少し前位まで巻きながら行って、ここでCDC(鴨のお尻の毛)を止め垂直になるように前後をスレッドでしっかり巻きます。
デモ4

3、テールの前に巻き止めたストリップドピーコックを密にしっかり巻きながらCDCの後ろの付け根まで、巻き、ここで一旦スレッドで巻き止めます。
4、ハックル(鶏の毛)をピーコックと同じ所でまき止め、先に止めておいたピーコックをフックの一番前まで巻きスレッドで止める。
5、セメダインをピーコックに補強の意味もかねて塗る。ここで乾くまで一服。
6、乾いたらハックルをCDCの後ろに3回、前に2回程度巻き一番前で巻き止める
デモ5

7、あとは、ウィップフィニッシャーで、巻き止め、セメダインを垂らして出来上がり。
デモ6

おっさんは、セメダインは、セメダイン「LOCTITE」と言う接着剤を使ってます。これは、乾いても白くならず、刷毛も付いてて、フタもしっかり閉まるので、長持ちします。
デモ7

ハイ出来上がり。後は、ハックルの下側をカットします。カットしておくとキャスティングの時にフライが回転しながら飛んでいくのを防げ、細いティペット(テグス)も縮れて、ヨレヨレになりまへんな。
クィルゴードン

材料は、これだけです。写真左がハックル、右上がコック・デ・レオン、その下がピーコック、右下がCDCです。おっさんは、ハックルはイナガキさんで買います。安いし、ホワイティングと言うメーカーのハックルは、驚くほど品質が良いし均一なので、イナガキさんに、電話でブラウンの明るいめでお願いしますとか言うと、間違いなく納得でける物が手に入ります。サイトはhttp://www.fly-inagaki.com/inagakihome.htmlです。ハーディーの商品もこちらが輸入元なので、安く手に入ります。

他のマテリアルは、なるべく実際に自分の目で見て選ぶようにしてます。マテリアルを見る目も養えるしね。ショップ選びですが、良くマテリアルが売れている店は、マテリアルが入っているパッケージが新しいのばっかりですな、中身の良し悪しが分からんでも、そこは、マテリアルが売れて回転しているので、店主がタイイング上手いか、良くタイイングスクールをやっている良いお店です。

敷居の高いフライショップは、行かなくてよろし!こっちがお客さんなんですからね、もしご近所に高飛車な店員が居るお店があっても今は、これだけ、ネットで通販できる時代、よそで捜しまひょ。もしそれでも無い、もしくは分からん!と言う方は、おっさんに教えておくんなはれ、こっそり教えまっせ。

まぁ、別の機会にまた書きますけど、海外のショップでも買えますしね。個人輸入ですな。最後までお付き合い下さり、ほんまにおおきにですわ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

楽しそう

すきなCDe-300かけて鼻歌まじりで口笛v-342ふいて。。。究極の楽園v-301v-485、いろいろ想像しては、満悦で頷いたり。。
楽しそうですね~v-398

何時間くらい没頭されて、何個くらい作られるものでしょうか。。。

  • 2006/01/08(日) 09:43:34 |
  • URL |
  • Y&A #hEqx.Q7g
  • [編集]

Y&Aさん、こんにちは

写真のフライで、5分位で巻きます。フルドレッシングのサーモンフライなら3,40分かかりますけど、、、。

タイイングデスクの横にギターを置いているので、気分転換に弾いたりと、だらだらしてます。

まとめて巻くと言うのは、最近無くなりましたけど、毎日1時間位集中して10本ほど巻くのを継続してやるのが多いですね。

カメラがしょぼいので、どうもこう言う接写が、ピンボケしてしまいます。ニコンのクールピクス885なんですけど、昨日、風花さんにレンズのレクチャーを受けていました。

  • 2006/01/08(日) 11:47:02 |
  • URL |
  • degu347 #-
  • [編集]

こんばんは

私もニコンのコンデジ クールピクスS4です。持ち歩けない「重たいカメラは⇒押入れ」の前科がございましてデジカメはあとミノルタ X50と2台です、いずれも昨年購入しました。両方ともレンズの出ないタイプですので満員電車で潰れても平気なので常時携帯してます。

フライ(毛ばり)作りってたのしそうですねー、自分の手先で作業をして物を作る楽しさ、手先が器用でなくとも失敗を重ねながらトライしてうまくなる、一人で打ち込むと時間もわすれます。わたしも買ってきてそのままのピンケーブルを出してジャックをハンダ付けしたくなりました。

追伸:私もMYチャリをUPいたしました、一度に完全UPするとブログUPネタでこまるのでオブザーバー参加です。v-402

  • 2006/01/08(日) 19:14:13 |
  • URL |
  • Y&A #hEqx.Q7g
  • [編集]

Y&Aさん、こんばんは

元々、手先はめちゃくちゃ不器用でして、小学生の頃、プラモデルで1/35の上半身と下半身をくっつけるだけの兵隊さんもセメダインでぐちゃぐちゃにしてしまうほどでして。。。v-404

今でも、フライを巻くときは物凄く集中しているみたいで、巻いているときの顔は、怖いと家族に言われます。v-292

Y&Aさんの鴨の写真きれいですね。拝見しました。あのオスの右側の羽の先っぽがこの記事の最初の写真の右上のウェットフライ(ヘンドリクソンと言います)のウイングです。CDCと言うのも、鴨のお尻の毛で、ここの部分の毛は、脂分が非常に多く、撥水効果が良いので、日本でも10数年前から大ブレークしました。

あと、右側の羽の先から根元までの1色の羽をレモンウッドダックと言い、上質の物ですと羽2枚で1200円とかします。

鴨は、他にも、色々昔からフライマテリアルとして使われていますね。

話は変わりますけど、ドラムのPearlと言うメーカーからシールド用のケーブルカッター&テスターと言う商品が発売されたんですけど、http://www.pearlgakki.com/planetwaves/11.htm こう言うのは、オーディオの世界でもあったんでしょうか?是非ともY&Aさんのご意見をお聞かせ下さい。お願いします。m(--)m

  • 2006/01/09(月) 00:06:44 |
  • URL |
  • degu347 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://degu347.blog32.fc2.com/tb.php/78-f457fabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。