background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

感受性の枯渇

ロバートジョンソン
ブルースマンの必聴盤です。

この間、音楽を聴いても何も感じなくなった事があると書きましたが原因はこれです。ロバートジョンソン。何でか知らんけど、これを聴いた時、「もう、あかんわ、無理や」と思いました。

今思うと、思い込んでただけやと思いますが。ジミヘンを初めて聴いた時も、「こりゃ、無理やで」と思いましたが、これは、頭をが~ん!とぶちのめされた感じでしたな。

その当時(約20年前)は、個人的に辛い事や悲しい事は無かったから、内面的なことでは、無いと思うんですけどね。ま、フライ・フィッシングにのめり込んでいった言うのは、ありましたけど、、

それから、5年間1回もギターを弾き(弾け)ませんでした。ギター弾きちゅう人種は、周期の長短はあれ、ギターを弾きたくてたまらなくなるもんなんですけどね。

でも、音楽は聴き続けてたんですけど、それは、何も音が鳴ってなかったら寂しいから位の感じでした。その時、思ってたのは、感受性と言うのは、いつかは、枯渇してしまうのやろうか?と言う事です。

基本的に今もその恐怖と言うか、不安感は、途切れる事無くあるんやけど、ある日を境に、「やっぱり、俺は音楽が好きや、ギターが好きや」と単純に思って、また弾き始めましたな。その時に聴いてたのが、CDを整理してた時に出てきた、渡辺香津美さんのキリン・ライブでしたな。


幸いにも、その後は、良い音を聴くと感動したり、嬉しくなったりと元通りになり今に至ってますけどね。この話は、親しい人にも殆どしてまへん。どうでっか?こう言う経験ありまっか?あれば、こっそりおっさんに教えておくんなはれ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

人に言っても仕方が無い事かも知れませんが
何もかもが嫌になった事は難度もあります
言い換えれば 自分が嫌になったのかもしれません
ものすごい大きな壁に直面した時 駄目だって思うのですが
そう思える自分がとってもいとおしくって 偉いぞ自分って思うのです
とってもナルシストなのかもしれませんが 自分大好きです
で 結果として まだここにいるみたいなことです
気がつきさえすれば それが錯覚であるにせよ なんか出来る あるいは何にもでけんと 色々対処出来ます 錯覚だけで50年かもしれませんが
それでも そう思える自分が好きですねえ
ああ体じゅう痛い

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://degu347.blog32.fc2.com/tb.php/44-692c3822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。