background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

ジョン・スコーフィールド

はい、今日はジョン・スコフィールド流のレイ・チャールズのトリビュートアルバム。Tha't What I sayを紹介します。

おっさんは、この人のソログループでの初来日の時見に行きました。その時、初めてデニス・チェンバースを見てしまったのですが、客はやはりと言うかまばらで、大阪の確か御堂会館やった思うのですが、最初はビール飲みながら前の空席に足上げて見てたんですが、デニチェンのドラミングを目の当たりにして気が付くと足を降ろして前のめりになって見てましたな。

その頃は丁度、ピックヒッツ・ライブが出る前後やったと思うのですが、すでにジョンスコさんは、あの独特のアウトしていくフレーズでしたが、流石に生で聴いても上手かったことを思い出しますな。

この人の昔の音源や映像を見ると、まともな?フレーズを弾いてるのは、むちゃくちゃ上手いです。また、例のスーパーセッションシリーズの話ですが、晩年のタル・ファーローを囲んでやってるのがあるのですが。ジョン・アバークロンビ-、ラリー・コリエル、バレイアーツを弾いてる時のラリー・カールトン先生、そしてこのジョン・スコフィールドと言う豪華な布陣でしたが、その当時のジョンスコさんは、あんまりアウトいていくフレーズは弾いてなくて、結構まとも?に弾いてるのですが、上手いですな。

その時は、ジョン・アバークロンビーさんが、桑原茂一の声で「私なら、こう弾きます」的にアウトしていく感じで弾いてましたな。格好良かったですけどな。

このアルバムですが、ジョンスコさんが歌伴していると言うのは、初めて聴く様に思うのですが、有名ヴォーカリストを迎え、レイ・チャールズの曲ばかりを彼一流の解釈とアレンジで楽しめます。

ゲスト・ヴォーカリストは、DR・ジョン、アーロン・ネヴィル、メイヴィス・スティーブルス、ジョン・メイヤー、そしてオールマンのウォーレン・へインズ。リズムセクションは、先頃クラプトンバンドで来日してたウィリー・ウィークスのベースとスティーヴ・ジョーダンのドラムです。

ドラムのスティーヴ・ジョーダンさんは、アレンジも手がけられてますな。最新のクラプトンのCD。あのJJケールとのコラボレートアルバムでもアレンジされてますな。そちらもまた紹介しまっさ。

ベストテイクはWhat'd I sayだとは思うのですが、おっさん的にはHit The Road Jackでのホーンセクションを向こうに回し、比較的ストレート・アヘッドなギターソロがお奨めですな。

全ての人にお奨めはしまへん。ジョンスコの音を知っててなおかつレイ・チャールズが好きな人には、聴き応えがあるでしょうがね。
ある意味、ジョンスコさんの色んなこれまでの音が集約されているアルバムでもありますな。あっ、この人もマイルス・スクール出身やなぁ。ジョン・マクラフリンに次いで在籍期間が長かったんちゃいますかな。

最近のインタビューで、ビッグ・バンドとのレコーディングをしたいと言うてましたので、そちらも楽しみですな。ジョンスコ流のエリントンやカウントベイシーも聴いてみたいもんですな。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://degu347.blog32.fc2.com/tb.php/183-96422cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。