background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

先生&師匠

先生&師匠

昨日、1日ブルーノート大阪見に行ってきました。ラリー・カールトン先生とロベン・フォード師匠のライブ。フュージョン好きなギタリストにとっては、夢の共演ですな。

いやはや、なかなかアップする時間が無くて、月一ペースになってしまってますな。ほんまに仕事が忙しくてねぇー。ライブ見に行く暇はあるんか、て?まぁ、今回は特別ですわ。なんせこのご両人が一緒にライブするのは、日本ではもちろん初めてやしね、他の国でも演ってないでしょうな。

大昔に、スティーヴ・ルカサーがまだアマチュアの頃にボトムラインかどこかで、共演したことがあってそれを見た、スティーヴ・ルカサーが指先から血が出るまで練習したよと、インタビューで言ってたのは知ってますが、それ以来かも知れまへんな。

チケット取れなかった人も多いと思います。おっさんの場合、ギターを手ほどきしてもらった、元プロの親戚の兄ちゃんがそっち方面に友達も多く、何とか取ってもらいました。


で、演奏はどうやったかって?ほんなもん、良いに決まってますがな。ラリー・カールトン先生のバンドに、ロベン・フォード師匠がゲストで入ると言う感じでね。

ラリー・カールトン先生は、ギターのトーンもいつもより歪み気味で、結構ワウを使ってましたな。昔、初めて来日されたときのワウの使い方とは少し違いましたけどな。結構気合入ってましたで。ロベン・フォード師匠は、さすがにいつものごとく安定してましたが、相手が相手だけに、乗ってきたら出す、決めフレーズをバンバン弾いてましたな。

何よりもそのスタイルのよさが「めっちゃ、ミュージシャン」言う感じで格好良かったですな。昨日は師匠はレスポール、先生はいつもの335を使ってましたが、どちらも良い音してました。

ギターアンプはご両人とも、オールハンドメイドのハワード・ダンブル。このアンプが2台そろってるステージ言うのもそうそう無いでしょうな。足元は先生の方は見れなかったんですけど、師匠の方は、t.c.erectronicの新しいG systemみたいなフットコントローラーを足元に置いてましたな。

久しぶりに1時間強。全く頭の中を空っぽにして、集中して音楽を聴きましたな。いやぁ~、良かった。
スティーヴ・ルカサーについで、ロべン・フォード師匠。今回のライブもCD出してくれへんかなぁー。

ラリー・カールトン先生のこのライブ。色んなギタリストをゲストに迎えてシリーズ化して欲しいなー。

11月にも大物ロックギタリストのチケットを(しかも多分かぶりつきの席)をもう取ってもらってるので、また、報告しますわ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://degu347.blog32.fc2.com/tb.php/160-93cfade8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。