background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

キング・サーモン

king samon


昔、15年ほど前、おっさんは、アラスカにキングサーモン釣りに行った。1週間、毎日、14,5時間釣りをした。上の写真は、その時に釣った最大の物、134センチ、40ポンドあった。釣り上げるのに35分かかった。
熊さん

釣りをしていると、熊さんも、鮭を取りに来ていた。写っている熊は、子熊だったが、おっさんの30ヤード先によくでてきた。左手に写っているのが、釣り竿。この熊は、小さかったが、3回ほど恐ろしくでかい熊を見た。釣りをする川の深さは、深い所でも2m無い位だが、熊が4つ足で歩いて川を渡っているのがいたが、顔が完璧に川の上に出ていた。その時は、さすがにガイドも近寄るな!と言って、ショットガンの安全装置をはずしていた。300m位離れていたけど、顔がはっきり見えた。しょぼい、カメラしか持ってなかったおっさんは、写せなんだ。
バニー・バッグ

その時に使ってた、フライ。ウサギの毛をぐるぐる巻きつけただけの簡単な、フライ。右側の本に写っているのは、’98のタイトループの1冊目に紹介されていた、メル・クリーガーの記事。メルおじさんは、バニーと言うてますが、おっさんが行った時は、バニー・バッグと言うてましたな。

黄色が良く釣れました。と言うても、キングサーモンの場合。極端にあたりが少なくて、良くて1日2匹。坊主が2日あった。ちなみに、その時のガイドが言うてたのは、元々、このバニー・バッグは、フロリダのスモールマウス・バス用のフライだと言うてましたな。このフライ、バスも釣れます。寒い時期に、タイプ5とかのめっちゃ重たいラインで、湖の底なんかを、紫のバニーをずるずる引いて、でかバスを何匹か釣りました。

毎年、6月の最後の週になると、思い出す。マイ・ディア・アラスカ。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

出た とっておきスペシャル
良い経験しましたね
ガイドの表情が滑稽ですが 素朴で親切そうでいいなあ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://degu347.blog32.fc2.com/tb.php/16-21094f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。