background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

Live Tonic
遅まきながら、あけましておめでとうさんです。
今年は、年に数回しかアップできない!とならないようにしたいと思っております。が、昨年のお盆以降の、仕事の忙しさに加え、おっさんの働く港のコンテナーヤードが午後20時まで開ける様になり、益々、仕事の時間が長くなりつつあります(残業代は貰えますが)

そんな、忙しさのピークの年末に、長年のバンド仲間の先輩で、ライブハウスを経営されていた、H氏が急死し、あまりの急さに連絡が来たのが葬式の当日で、当然式にも出席できず、荼毘にふされた翌日には遠い実家にお骨を持って帰られるとかで、お別れもできず、精神的に、かなりきつかったですな。

来月には、追悼ライブも予定されているそうで、一応声は掛かってるみたいですが、たくさんの関西在住のプロミュージシャンが出演されると思うので、おっさんらの出演は、未定ですが、決まれば、また、近所の人には報告しまっさ。合掌!

そんな、辛い時にも助けてくれるのが音楽の良い所ですな。今日は、友達のYやんにたくさん借りてる音源の中から、Christian McbrideのLive at Tonicを紹介しまっさ。

久しぶりに、聴いて、無条件に格好良えと思えるアルバムですな。3枚組みですが、ディスク1がレギュラーメンバーによる演奏。ディスク2と3がそのメンバーにゲストを迎えてのジャムセッション言う感じです。

おっさんは、このChristian Mcbride言う人知らんかったんですが(最近、釣りにしろ音楽しろ、専門雑誌を全く買わなくなったので、情報に疎いですな)チック・コリアをはじめ、たくさんのジャズ・ジャイアンツとの共演もあるそうで、アコースティック・ベースの確かなテクニックと、エレクトリック・ベースも操る所は、ブライアン・ブロンバーグを彷彿させますが、さらにそれにFunkをプラスしたような、凄腕ベースマンですな。

おっさん的には、レギュラーバンドのディスク1が一番Jazz色が強い様に思います。Jazzの本来持ってる即興演奏。アドリブに呼応してのインタープレイの応酬とでも申しましょうか?‘今‘もJazzが生き続けていることを、強く感じさせてくれて、毎日聴いてますな。

おっさんが感じるベストテイクは、ディスク2のラストで、国内盤しか入ってないみたいですが、Bonus Jam1とクレジットされたFunkyな曲。ギタリストのCharlie Hunterのカッティングが心地良いです。

クルセイダーズを、FunkyなJazzもしくは、フュージョンとするならば、FunkなJazzと言う感じのごきげんなアルバムです。

国内盤でも値段もご機嫌ですな。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。