background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

more than s feelin'
はい、今日のお奨めは、26年前に録音されたKOINONIA(コイノニア)のファースト・アルバム。
More Than A Feelin'を紹介しまっさ。


ギターは、ディーン・パークス違いますが、こんな感じです。


フュージョン全盛の頃ですな。LAのベイクド・ポテトと言う有名なライブハウスを基点に集まった、凄腕のスタジオ・ミュージシャンのバンドです。3枚ほどしかこのバンドの名義では発売されてませんが、ギタリストとして、あのDean Parksが、前面に出てプレイしてる貴重なアルバムです。

メンバーは、バンマスでベースのエイブラハム・ラボリエル、ビル・マックスウェル(Ds)、バーラン・ロジャース(Key)、ハドレイ・ホッケンスミス(G)上の映像の人ですな。ジョン・フィリップス(Sax)、アレックス・アクーニャ(Per、Ds)言わずと知れた、ウエーザー・リポートのドラムですな。そしてディーン・パークス(G)。

ディーン・パークスと言う人は、おっさんらの年代やったら、あのスティーリー・ダンのAjaと言うアルバムでのラリー・カールトン先生との演奏は、あまりにも有名ですな。その他にも、クルセイダーズのフリー・アズ・ザ・ウインドや、ジョーサンプルの邦題が渚にてでしたかな?あれもそうですな。

スティーリー・ダンのあの緻密な音作りに、ずっと参加し続けてる数少ないギタリストでも、あります。
とにかく、この人のバッキングセンスは、唯一無二ですな。最近では、映画音楽を手がけておられるようで、ここ何年かの日本でもヒットした多くの映画にも参加してますな。

で、アルバムの方ですけど、今聴いても、全く古く感じません。音的には、いかにもLA言う感じで、乾いてます。はい。東海岸がどう西海岸がどうとは、あんまり意識した事は、無いのですが、このアルバムを聴くといかにもと言う感じがしますな。と言うより、東海岸の音が少し、ウエットかな?とも思ってしまいます。端的に言うと、クルセイダーズをカラッとさせた様な音ですな。

ちょうど、これから、湿度の下がった残暑の時期にぴったりの音だと思います。残念ながら廃盤になってますな。ベイクド・ポテトと言うライブハウスで思い出すのは、スティーブ・ルカサーのスーパー・ライブと言うアルバム。あれも復刻で出して欲しいですな。
スポンサーサイト
このページのトップへ

光量不足

軽井沢
お盆まっさかりの、軽井沢です。昼間、気温は結構高かったけど、標高があるせいか、心地よい風が吹いてました。

お盆に急に栃木行きの仕事が来まして、久しぶりに長距離行ってました。今回は、朝一積んでからの走りやったので、行きは、全線下道(一般道)で行き、帰りもその積りでしたが、最後は辛抱できずにちょこっと乗ってしまいましたな。

関西から栃木に行く場合、東海道で行くか、中山道で行くかと、悩みましたが、群馬のすぐ隣の市だったので、中山道で行きました。最近知らない所や、初めて行く所では、必ずGoogleの地図で検索し、航空写真で、目的場所の近所の道幅を調べたり(トレーラーですからね)、曲がる所の交差点の名前や目印を探してからプリントして活用してます。

最近では、ストリートビューと言う、検索した住所の目の前に立って見る実際の映像も見れるようになり、ますます重宝しまんな。ま、ストリートビューは、まだ、東京、名古屋、大阪、神戸あたりしか、網羅してないですけど、これから全国展開して行くでしょうな。

で、その行く道中の要所要所を検索し、プリントした地図(A4で13枚にもなりやした)と、地図を見ながら行くんでっけど、今回は、ようさん国道通らなあかんので、暗くなってから往生しましたな。

国道で言うと、R43~R25~R1~R23~R225~R19~R20~R142~R141~R18~R17~R50とあと県道を2箇所と言う順路で行ったんですが、とてもやないけど、覚えれません。何回か走った事ある道ですけど、毎日の様に通ってなかったら、全然覚えてませんな。

片道、実走距離で632kmでしたが、諏訪湖がある岡谷の辺りで暗くなり、その時点で出発してから10時間ほど経っており、目が疲れてきますな。目が疲れてくると大きな交差点の大きな看板の字でも見えにくくなってきます。歳のせいでしょうけどね。

その辺りから、そろそろ曲がらなあかん近くにくると、交差点ごとにフロントガラスに顔をひっつける様にして、凝視してましたな。それが一番、しんどかったですわ。結局、15時間かけ、到着し、それでも、いつも仕事が終わってからではなくて朝から出てたので、日が変わる頃に目的地近くの大きな道の駅に着く事ができ、睡眠時間は、とれたので、帰りは楽でしたな。

しかし、巷で言われている安・近・短のお陰でしょうか?車の量も少なく、帰りの軽井沢辺りが少し混みましたが、東京都内のそれと比べると、屁みたいなもんで、かなりお盆の割りに普段よりも楽に行けましたな。

釣り師の性で、今回もR19の横を流れる、木曽川を見ながら走ってしまいましたが、あの辺りは関西からでは遠く、木曽川の南や西までは、行くのですが、今回通って、渓相の良いいのを確認できて、また、遠征の際の候補地になりましたな。

しかし、いつも思う事ですけど、関東の人は車のマナーが良いですな。いつも、日本最強のマナーの悪い地域で揉まれているからかも知れまへんが、そう言う面で、ストレスの少ない道中でした。

2日遅いお盆休みを、今とってますが、3日目にしてやっと、疲れがとれました。よっこらしょっと!
最後の休日は、もちろん、ソロ釣行ですな。
このページのトップへ

本日のお奨めDVD

Duane.still with Us
はい、今日は動くデュアン・オールマンのDVDを紹介しまっさ。これは、日本の大手レーベルからは、まだ発売されてないのかな?昔の海賊盤になるのですかな?


1曲目アップされてました

音のバランスが前半はヴォーカルの音が小さいです。(恐らく元のPAが悪いのか?)しかし、ファンとしては、動くウエス・モンゴメリーを見たほどの衝撃度ですな。

バンドのライブパフォーマンスとして聴くにはそう言う点で、お奨めできませんが、何と言っても映像で見れるというのは、凄いですな。

ほんで、やっぱりデュアン・オールマンは凄いのを再確認してしまいます。はい。
曲目は、デュアンが亡くなる1年前ですかな?’70のフィルモア・イーストのライブみたいですが、そこから4曲
1,Don't Keep Me Wonderin'
2,Dreams
3,In Memory of Elizabeth Reed
4,Whipping Post
それと、ビデオで出てましたかな?同じく’70のLove Valley Festivalの音無しの映像だけの
5,Love Valley Festival
6,Mountain(これは音あります)
と、今もよく演奏してる曲が多いですな。

当たり前ですが、メンバーの皆さん、若いです。ブッチおじさんもジェイモーも痩せてます。しかし、デュアン・オールマンのギターが良い音してますな。

デュアン・オールマンが使ってたスライドバーは、コリシデンと言う、確か風邪薬やったと思うんですが、それを使ってて、これは、今もデュアン・オールマンモデル言う感じで売ってます。おっさんも使ってますが、ガラスが少し薄くて、ハムバッキンのピックアップを少し歪ませて、弾くとまんま、デレク&ドミノスのレイラの音が出ます。アコーステックで使っても良い感じです。エレクトリックの場合、弦は最低でも01位のを使ったほうが良いですけどな。

ま、全ての人にお奨めはしまへんけど、好きな方には待望と言うか幻の映像ですな。京都のJoe's Garageさんとこで売ってます。この他にもめっちゃ、マニアックなのもありまんな。http://www.jgarage.com/
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。