background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

本日のお奨め

ベーシックは美味しい


you tubeの画像貼り付けてみました。

これは、渡辺香津美先生と元カシオペアのリズムセクション、神保さんと桜井さんのユニットJIMSAKUとのセッション。久々に「ガッチガチやで、ガッチガチ!」ゆう感じですな。かっちょ良い~!

どっちがお奨めか分かりにくいですな。今日は、パテシエのパイオニアのお一人、オーボン・ヴュータン(お店の名前)の河田勝彦シェフの「ベーシックは美味しい」を紹介します。

おっさんがパテシエの真似事をしてた約20年前、とても頼りにしてた本がありました。柴田書店さんから出てたプロ向けの洋菓子辞典みたいな物なんですが、表紙がグレーのクロス張りみたいな、かなり重厚な作りの本で、5,6冊菓子の種類別に出てたと思います。

当事(今も?)柴田書店さんか?大手の本屋さんか?分かりまへんが、営業の人がレストランやお店に直接来て、料理人や職人に売ってたプロ向けの本が色々ありまして、値段的に10数万円から20数万円してたと思うのですが、当然中途半端職人のおっさんには、買える筈も無く、当事所属してた会社の社長が所有してたのを拝借して、読み漁ってました。

その中に、河田シェフ(やったとおもうのですが?)が書かれてた、オペラと言う名のケーキがあるのですが、それを、当時全くの素人のおっさんが、その本のレシピ通りに作ると、かなりのレベルの物ができ、なおかつ、その味のバランスの良さに、舌を巻いた記憶が鮮烈に残っており、いつか、買おうと思ってたのですが、先日、偶然柴田書店さんのHP,http://www.shibatashoten.jp/で、この本を見つけ即買いしてしまいましたな。

で、内容の方ですが、上記の本の縮小版とでも言うのでしょうか?アメ細工以外の殆どのフランス菓子の種類を網羅してます。それと、写真。カメラマンの日置武晴氏の腕も見事ですが、お菓子から伝わってくる、凄みみたいのを感じましたな。

味は、間違いなくおいしいですが、プロならではのちょっとしたコツや、材料を全て、日本語の横にフランス語で書いてくれてるので、これから、本格的にフランスに行って修行しようという方から、ハウスメードで、人に贈る時にケーキの箱などにちょこっと、フランス語で書いて贈ると言う様な事もできますな。

今は、1品1品のレシピを熟読してる段階ですが、あのオペラを家で作る事ができると言うだけでも、精神的に豊かな気持ちになりますな。実際に家で作る時には、材料の量的な問題や、材料をそろえるまでの行程は、少し、はしょってと言うか器具がそろわないと思うので、少し大きな製菓材料店に行くと加工したのや小さいパッケージで売ってるのでそれを使うなどして対応できると思います。

プロはかなりの確率で、持ってると思いますが、ハウスメードされる方も、かなりのレベルアップになると思いますので、ショートケーキやシフォンケーキよりももう少し本格的なケーキをと言う方にはお奨めします。

値段的に(6510円)を高いと思うか?安いと思うかは?作り手によると思いますが、おっさん的には、河田シェフの集大成的なこの本は、かなり安いと感じてます。はい。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。