background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

予期せぬ別れ



オベーションのアダムス。とある事情で、新品を20万円引きで買えたエレアコです。

年末に暗い話で申し訳ないですが、先週おっさんの会社の仲間の1人が自ら命を絶ちました。未だに信じられない気持ちでいっぱいですが、通夜で見た、今にも起きてきそうな顔を見て、少しづつ受け入れつつある状況です。

人懐っこい笑顔の皆をいつも笑わせるジョークを言う奴でした。おっさん同様、会社の中でも一番そう言う死に方に遠い存在だと信じて疑わない漢だっただけにショックは大きかったですな。

プライベートで度重なったハードル。皆は、それを知ってて頑張ってるなぁと思ってたのですがそこまで追い込まれてたとは。。。ある程度顔色やしぐさを見てると分かると思い込んでいたので、それを察してあげれなかったのが、無茶苦茶悔やまれます。

静かに見送ることしかできんかったけど、そのうち上のギターを持って’現場’で2,3曲歌わせてもらうわ。が○ちゃん。さらば!


すんません。暗い話で。では、よいお年を!

スポンサーサイト
このページのトップへ

本日のお奨めCD

伸ちゃん

はい、今日のお奨めは塩次伸二さんのCan't Stop Playin'The Blues。

リーダーアルバムは14年ぶりになるのですかな?ソロアルバムとしては、お初ではないでしょうか?日本が誇るブルースギターマスター。塩次伸二さんの新譜が出ました。

これは、おっさんギタリスト達は、かなり買っているでしょうな?これともう1枚、山岸潤史さんとのコラボレートアルバム、Together Againも先だって発売されましたがこっちは、ニューオーリンズで録音されてますがまたの機会に、紹介しまっさ。

さて、音の方ですが、録音はロスアンゼルス。(この辺の空気の違いを山岸さんとのアルバムと聴き比べるとおもろいですな)バックメンバーが、元ロバート・クレイバンドのメンバーを中心に2人のゲストヴォーカルを迎えて、アーバンな感じの大人のブルースちゅう感じですな。

ブルースと言うてもこてこてではなくて洗練されているねんけど、隙が無いと言いますかな。元ロバート・クレイバンドのサポートは、さすがと言う感じですが、色んなパターンの‘今’のブルースと言いましょうか?少しファンキーな感じあり、Jazzyな感じあり、スローブルースありと、良ろしおまんな~。

ロバート・クレイと言うと、今年もエリック・クラプトンのクロスロード・ギター・フェスティバルで、渋いプレイを聴かせてくれてますな、これもまた後日紹介しまっさ。

さて、伸ちゃんのギターですが、今回はJoe Barden,Xotic guitarと言う個人ビルダーに近い最近プロが注目しているメーカーのギターを使ってますな。共にフェンダー系のソリッドギターですが、このギターにXotic effectのBB Preamp(オーバードライブ、ブースター。プロでも音にうるさい方々が最近使ってるそうですな)にアンプがDr.Z Ampで、色んなトーンを出されてますが、これが、中々奥が深いですな。

ギタートーンの妙と言うか、トーンでお悩みのギターキッズには、かなりヒントが詰まってますな。

曲的には、2曲目のDiane Witherspoonと言う女性ヴォーカルが唄う、Foot Loose And Fancy FreeがJazzyで格好良いですな。こう言うジャズっぽいブルースと言うのがおっさんには、心地良ろしおま。

2人のヴォーカリストともう1人ギターのAlan Mirikitaniという人がヴォーカルを3曲とってますが、この人が、ロバート・クレイによく似た声で、ギターもなかなか良ろしいですな。

かなり、マニヤックと言うか、昔のウエストロード・ブルースバンド(これ自体あんまり知る人は少ないと言うか、中高年が殆どでしょうが)を知ってる人は、音は想像つくでしょうが。意外にも渋いお店でBGMとしてかけても、いけるんちゃいまっか?

ジャケットは、内容に反してカラフルですな。
このページのトップへ

冬の動物園

ワオキツネザル

文字通り、「ワ~オ!」と言う風なポーズをとってるワオキツネザル。癒されますな。

この間、近所の動物園に行ってきました。行きたいと思いつつ、長い事行けないでいたのですが、久々に楽しめました。

旭山動物園の影響でしょうか?動物を間近で見れる工夫が随所に見られ、おっさんでもかなりおもろいです。お子様連ればかりかと思いきや、本格的なカメラを持った中高年カメラマンも結構来てはりましたな。

寒い日だったので、一様に日向でじ~としてる動物が多かったですが、それはそれで、間近でユキヒョウの肉球を見れたり、フライタイイングで使う、ギニアフォール(ほろほろ鳥)を見れたりと、色々楽しめましたが、一番驚いたのが、馬熊でしたな。

馬熊と言うのは、チベットヒグマの事なんですが、手足が異様に長く、文字通り馬のような熊なんですがこれが結構な速さで檻の中をうろうろ走り回ってましてな。おっさんはこの生態を知らなかったので、驚きました。

日本では、2箇所くらいでしか見れないそうなんですが、チベットでは、イエイティ(雪男)の正体と言う説もあるそうですな。確かに毛足も長く、2本足で立てば有に2mは軽く越えるだろうし遠目でみたら、人と間違えるかも知れまへんな。

残念ながら、動きが速かったので、おっさんの拙いカメラの腕ではよう撮りませんでした。

会社勤めされてる方は今年の正月休みは、長いですな。ぽっかり空いた1日、冬の動物園に行ってみてはどうでっか?本格的に寒くなると人出も少ないし、ゆっくりできまっせ。意外と真剣に見て回ったら、結構な距離歩きますからな。良え運動なりまっせ。カメラを忘れずにね。
このページのトップへ

本日のお奨め本

海フライの本

はい、今日は、フライの雑誌社から出てる2冊を紹介します。

まずは、「アメリカの竹竿職人たち」14人の著名バンブーロッドビルダーを丁寧な取材で、その竿とビルダーを紹介してます。

読み物としてもおもしろいし、バンブーロッドとは何ぞや?また、これからバンブーロッドを買ようかな?と言う人にもお奨めします。ま、実際に掲載されているビルダーの竿を手に入れるのは、今では、少し至難と言えるかも知れまへんが、お金と納品を年単位で待つ時間がある方はどうぞ。

しかし、バンブーロッドもギターと一緒ですが、値段の高いのは、美術的と言いますか、極めてきれいな仕上がりです。ほんとに見ていて惚れ惚れしますな。

こう言う贅沢品と言いますか、ギターもそうですな、中古マンション1軒位買える位のヴィンテージギターや、フルアコ。それとバンブーロッド。やはり金回りのいい国に流れます。今なら差し詰めスウェーデンと言った所でしょうかな?


もう1冊は、この間出た「海フライの本2」日本ではじめての本格的な海フライのパターン集ですな。海に囲まれた国なのに、渓流に比べて海でフライフィッシングする人は、昔からやっている人はやってましたが、やはり少数だったと思うのですが、この本はブームの起爆剤になるかも知れまへんな(ま、それでもフライマン自体が少数派だとは思いまっけどな。。)

おっさんは、海の近くに住んでたこともあり、幼少の頃から海の餌釣りを嗜んで来ましたが、魚の習性や餌の習性までは、頓着してまへんでした。この本の巻末のビギナーズガイドは、その辺を魚種ごとに紹介してくれているので、これから海フライデビューしようと思う方には力強い味方になるでしょうな。

フライパターンも有名パターンを、著者独自の、実釣にもとずく、センスのいいアレンジが施されてたりして、かなり実践的な印象を受けました。また、おっさんなりのアレンジのイメージも膨らんできますな。

著者である牧浩之氏のHPもこの辺の魚に対するアプローチや、タックルも紹介されてますのでのぞいて見て下され。

早速、明日の夕方はメバル&カサゴ(こっちではガシラ言いますけどな)を狙って行って来ます。海の魚は、どうしてもキャッチ&イートになってしまいますが、ガシラを1匹丸ごと鍋に放り込み、味噌汁にすると、まるっぽ、すし屋のあの味噌汁の味になりますな。
釣果は、また、報告しまっさ。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。