background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

バックウオーター

今年最後の釣行になりますかな?いつも通ってる川の大きなダムのバックウォーター。秋以降産卵の為、大物が遡上してくるのですが、写真の釣行時は、降り続いた雨のお陰でこの有り様です。

趣味を持っている人、とりわけ能動的な(体を動かして行う)趣味を持っている人は、その趣味の時間を持てない時間が続くと、~したいと言う虫が疼いてきますな。これは性欲と感じが少し似てるかも知れまへんな。

おっさんの場合は、もちろん釣りとギターですが、釣りは最近、寒くなったらする気が自然となくなってきますが、釣り欲が少し衰えてきたのかな?行きたい時は、正月でも管理釣り場ガンガン行ってましたからなー。

ただ、管理釣り場と言うのは、元々居ない所に魚を放流して釣る訳で、魚のフライに対する反応は、天然の魚のそれとは少し違いますな。しかし最近は、管理釣り場の定番の魚。虹鱒(レインボー)もドナルド産の体力のある(引きの強い)のを入れてる所も多く、それは、それで楽しいですな。


最近は、やっぱり、クラプトン見に行って、また、触発されてギターを弾く時間が長くなってきましたなー。港で働く知り合いのベースマンのYさんも、おっさんと同じ日に見に行ってたそうで、やはり触発されたのかどうか分かりまへんが、ミュージックマンのスティングレイモデルを買ったそうです。Yさん、またセッションしましょねー。まだ、他のバンド仲間と会ってないので、分かりまへんが皆何か買ってるんでしょうな。

クラプトンが来日したら、おっさん連中が、楽器やCD買うから、ごっついお金が動くんでしょうな。クラプトン自身も来日したら東京の某楽器店を貸し切り状態にしてウン百万エフェクターやアンプなんかを買って行くそうです。

ちなみに、クラプトンの年収はワールドツアーした年で20数億と言われています。車はフェラーリをずっと乗り継いでいるそうな。

ほんで、おまえも触発されて何か買うたんか?って?ムフフフッ、触発されてと言うか前々から買おうと思ってた、t.c.erectronicのG-Majorと言うラックエフェクターをオーダーしました。明日来まんねん。

最近のコンパクト・エフェクターの進歩は、凄くて、コンパクトのアナログの柔らかい音も捨て難いのですが、、、迷った末、t.cの音を体験したくてねー。またレポートしまっさ。

んっ?年がら年中、欲しい欲しい虫が疼いてんちゃうん!?次は、ハムバッキンのソリッドギターてか?弱ったもんやのー。
スポンサーサイト
このページのトップへ

本日のお奨めCD

ドミノス・フィルモア・ライブ

はい、今日はデレク&ドミノスのフィルモア・ライブを紹介します。

このブログを始めた時に紹介したドミノス・ライブと同時期のフィルモアでのライブ音源です。

この時期のクラプトンのギターが一番好きやと言う諸兄は多いですな。
ジャンキーになりかけてた時期でもありますが、やはり凄みのあるギターです。

1曲目は、こないだの来日公演でもやってましたが、ここでは、ワウワウの使い方が凄いですな。そしておっさんがこのCDを買った理由がラストのクロスロードを聴きたかったからです。

恐らくアンコールでしょうが、クリームのそれより、ややミディアムテンポでやってますが、ギターもヴォーカルもかなり往ってもうてますな。格好良ろしいなぁ。


話は変わりますがギブソンからクラプトンがヤードバーズからクリーム時代に使ってた赤の335のリィシューを発売したのは記憶に新しいですが(価格は180万!)今度はフェンダーからあのブラッキーの完全復刻版が今月の24日に発売されるそうです。
ブラッキー

この写真はフェンダーのサイトから引っ張ってきましたが、マシンヘッドの所に煙草をはさんで付いた焦げ跡も再現されてますな。

エリック・クラプトンと言えばブラッキー、B・B Kingと言えばルシールと使ってるギターに愛称が付くほど有名な(B・Bは自分でも言うてますが)ギターですが、元々3本の’57でしたか?のオールドのストラト3本の良いパーツだけを組み合わせたギターだそうですな。

クラプトン自身が創設した薬物依存治療施設、クロスロードセンターに寄付すると言う目的でオークションに出されたこのブラッキー。エレキギターで1番の高値(約1億2千万円)で落札されて話題になってましたな。そのギターをフェンダー・カスタム・ショップが丁寧に分析、採寸し今回の発売に至ったようです。

全世界275本限定発売。日本での価格はまだ、おっさんはよう見つけてませんが、フェンダー社によると$24000ちゅう事ですわ。今日のレートが118円やから2832000円ですな。販売価格は300万円超えるんちゃいまっか。笑かしよんな。まぁ、お好きな人はどうぞ。買うんやろなー、コレクターの人は。日本が一番売れるかもね。
このページのトップへ

生スローハンド

ec'06メンバー

昨日、行って来ましたでー。クラプトンのライブ。最高でした。この写真が今度の来日メンバーです。今回のツアーの特設サイトから写真引っ張ってきました。詳しくはhttp://clapton2006.jp/でどうぞ。

いやー、ほんまに良かったですわ。一緒に行った元プロのお兄さんは、クラプトンの来日公演をすべて見ている人なんですが、お兄ちゃん曰くこれまでで最高のメンバーちゃうかと言う事です。

実際、おっさんが聴いても、ようリハーサルこなしてるんちゃうん!と感じましたねー。いや、ほんま良かった。メンバーの詳しい事は、特設サイトを覗いてもらったら載ってますので、おっさんが感じた事を書かして貰います。

まず、ベースのウィリー・ウイークス。はっきし言ってうねってました。クラプトンバンドの中でこれだけタイトなリズムセクションは、無かったのでは無いかな?と思います。ドラムは、ブルースブラザーズにも参加してるスティーヴ・ジョーダン。

そしておっさんが一番見たかった、オールマンブラザーズのデレク・トラックス。まだ27歳と言う若さでこの上手さ。スライドのオクターブ、肉眼で見てきましたでー。凄い!この人は若いのにギターソロの一発目の音がなかなかの物でしたよ。スライド以外の普通の弾き方でも上手かったです。早弾きはそないしませんでしたが、間の取り方がセンス抜群でした。恐るべし!若干クラプトンの前だからか?ちょっと遠慮してたみたいですが、もっとぶちきれて弾いて欲しかったですなぁ、しかし良いもの見せてもらいました。

そしてクラプトンは、もう世界ツアーは、終わりとか色々噂が流れてましたが、デレク・トラックスをはじめ、リズムセクションが変わったからか?気合十分。まだまだ行けまっせ言う感じで、良かったです。

選曲がスライドが入ったからか、結構昔のデレク&ドミノスからの曲が多くて、最近のポップス路線ぽいのからは、皆無で、ロック&ブルース一色言う感じで、おっさん連中は喜んでたみたいですな。

おっさんはステージから13列目やったので、丁度良い位置で、クラプトンのまん前でした。結構周りは若いカップルや女の子が多くて、ドミノスのGot To Get Better in a Little Whileやった時やアンコールの早いクロスロードの時は、ぽかーんとしてましたな。昔のもまた聴いてや。

ステージは2時間弱あり、濃密な内容でした。アンコールは1曲だけでしたが、大満足の2時間でした。エレクトリックプレイが殆どでしたが、真ん中辺りでギター3人でアンプラグドで3曲ほどやってくれました。デレク・トラックスはドブロで渋いプレイしてましたで。

演奏内容もとても良い感じなので、ライブ盤出して欲しいですな。ほんまにそれ位、今回は、良ろしおまっせ。

明日火曜日と水曜日のチケットは、まだあるようなので、時間がある人は絶対見ときなはれ。見とかな損でっせ。言う位良かったです。はい。

このページのトップへ

本日のお奨めCD

ジョン・トロペイ・ライブ


今日は、ジョン・トロペイ&NYオールスターズのライヴ・アット・ミケルズと言うアルバムを紹介します。

録音は’80でニューヨークのミケルズと言うクラブでのライブです。このミケルズと言うお店は、あのstuffがホームベースにしてた所だそうですな。

メンバーがまた強力です。スティーヴ・ガッドとリック・マロッタのツィンドラムにウィル・リーのリズムセクション。キーボードにドン・グロルニックと惜しくもこのアルバムのオーバーダヴィングがラストレコーディングとなったリチャード・ティー。

ランディー・ブレッカー、ロニー・キューバーを擁する分厚いホーンセクション。それにデヴィッド・スピノザ。おまけにオープニングのMCは、何とあのジョン・ベルーシ。

音的にはいかにもフュージョン全盛と言う感じですが、古さは感じないですな。トロペイさんの音もクリーンな音でも弾いてますが、軽く歪ませて、結構チョーキングとかもしてるソロとかもあってなかなか良ろしいですな。それと何と言ってもバッキング、格好良いです。

この人のアレンジは結構センス良いなとおっさんは、思ってるのですが、このライブでもホーンセクションがいるのにそんなにうるさく聴こえなくて、バランスがとても良いです。

3曲目のCan't Hide Loveでは、リチャード・ティーのアコースティックピアノのソロが聴けます。それと6曲のThe Brattと言う曲ではデヴィッド・スピノザの滑らかなソロが聴けますな。

歌もの(バックコーラスがあるのはありますが)無しのインストのライブなのでフュージョン・マニア?にはお奨めですな。トロペイさんがリチャード・ティーに捧げるとコメント書いてます。

関係ないけど、明日の日曜日。ギターの神様を拝みに大阪城ホール行って来まっさ。詳細はまた後日紹介しますわ。
このページのトップへ

地味な作業

ストラトヘッド

写真撮る暇が無いってか!?前にも載せたなぁこの写真。おっさんのストラトです。フェンダー・ジャパンが出来た年に買った’54モデルです。最近こればっかり弾いてますな。

今日は、ギターのフレーズ作りについて少々書かせてもらいます。
ギターを弾いてると、好きなギタリストのアドリブ(ギターソロですな)をコピーします。

最初は、「このソロ格好良ぇー」思って、ずっと聴きますな。それから、ギターでコピーし出します。音が摂れて、その曲に合わせて弾きますな。普通はこれで大体終わりです。

たくさんのコピーをすると、知らず知らずの内に、影響を受けたギタリストのフレーズが自分でアドリブする時に出てきます。

このコピーをする時に、スケールやコードと照らし合わせ、採譜していくと言う地味な作業をきっちりやってる人はプロになっても、ネタ切れしまへんな。


おっさんは、それをやりませんでした。コードも理論は勉強したけど実践に移す練習をさぼったので、未だに苦手ですな。特にフォークとかやってないのでローコードは、さっぱりです。

最近、9月にロベン・フォード師匠を見に行ってから、毎日のようにギターを弾いているんですが、むかしコピーできなかった曲を集めてCDに焼いてみたら、5枚にもなりました。

毎日コツコツコピーしているのですが、別にライブですると言う曲でもないので、これまでに無くじっくりコピーしてます。
スケールとコードに照らし合わせ、採譜はしまへんがね。あと、フレーズの流れの中でのリズム感とかね、意識してコピーしてますな。

フレーズとフレーズをつなぐ音なんかは、これまでCDを紹介したギタリストは、やっぱり、それぞれ特徴と言うか個性があっておもろいです。

こうなってくると、いっぺんにたくさんの事を出来ないおっさんは、仕事中も頭の中で、コピーしているフレーズが鳴ってますな。最近仕事のミスが多いです。一昨日もヘッドに乗る時に、デイパックを運転席側のフロントタイヤの横に置いたまま発進してしまい、見事に後輪で踏んでしまい、またI-podやってしもうた。(Gatdem!)

即発注しましたがね。(3台目や!)ちょっと値段下がってますな。
まぁ、大きな事故にならんで良かったと、前向きに考えてますが。。。
おっさんになっても少しずつでも弾けんかったフレーズが弾けるようになると言うのは、なかなか嬉しいもんですな。

レギュラーメンバーを探して、きっちりまたバンドをしょうかいなと、それと音源をちゃんとレコーディングして残しとこかいなと思い始めてる昨今です。もちろんライブもね。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

ハーヴェイ・メイソン

はい、今日はハーヴィー・メイソンのリーダーアルバム。ファンク・イン・メイソン・ジャーを紹介します。

’77の録音ですが、曲のアレンジは多少時代を感じますが、さすがにこれだけのミュージシャンが参加してると今でも聴き応え十分ですな。

ギタリストだけでも、アル・マッケイ、ジェイ・グレイドン、レイ・パーカー、フィル・アップチャーチ、ジョージ・ベンソン、リー・リトナー、デヴィッド・T・ウォーカーと、並べるだけでも‘通‘好みの布陣ですな。

他に、ボヴ・ジェイムズ、トム・スコットやアンソニー・ジャクソン、ホーンセクションにシー・ウィンドとタワー・オブ・タワーと西海岸のこの時期のオールスター言う感じですな。

おっさん的には、6曲目のマーヴィン・ゲイのホワッツ・ゴーイン・オンをインストでのカバーが良いですな。ベンソンの脂の乗り切ったギター・ソロ。圧巻です。

おっさんが一番好きなドラマーがこの人なんですが、何と言ってもこの乗りと、シンバルのリムショットでも言うんですかな、それと独特のスネアの音色。パワフルと言うのでもないんですけど、この人以降に出てくるフュージョン・ドラマーみたいに、テクニックは凄いけど、生で聴いたら全然パワー無いと言う感じではなくて、しなやかと言うか、この人独特のものですな。

おっさんがこの人を初めて聴いたのが、前にも書きましたがテレビでジョージ・ベンソンと出てた時ですけど、アルバムでは、リー・リトナーのジェントル・ソウツですな。あの、ゲッタウェイの出だしが、いかにもハーヴェイ・メイソン言う感じですな。

他にもリーダー・アルバム出てるので、またチェックしたいと思います。
このページのトップへ

死にそうや!

ZAQくん

今のうちのマスコット。言うても先月地デジの受信チェックに来たケーブルテレビの会社の人に貰ったんですけどな。

いやぁ、先週末に急な仕事が入って、千葉の方に走ってましてな。
疲れが取れるのに1週間掛かりましたわ。

先週の金曜日の昼過ぎに、急に千葉行きのコンテナーが出ましてな。
うちの会社は長距離や休日出勤も全部順番でやってるのでね、おっさんの順番でしてん。

その日は、朝5時から早出してて、昼休みも殆ど取れなくて、おまけにコンテナーの輸入免状がなかなか切れなくてね。さらに、尿素も少し足らないので(まだ、その辺のスタンドには置いてないですな)会社の車庫まで帰りとバタバタしてたら、出発するのが夕方の5時頃になってしまいましたな。

もう、焦ってもしょうがないと、慌てずにのんびりと行きましたが、西名阪だけ行きしは、高速乗りましてな、あとは、一般道ですわ。千葉の船橋やったけど、湾岸線降りてすぐの所やったので、助かりましたが、さすがに下道やと、正味12時間きっかりかかりましたな。

途中1回食事で止まっただけで、ノンストップですわ。先週は仕事が少し落ち着いてたので、週の前半ゆっくり、睡眠摂れてたから、何とか目は持ちましたがね。

おっさんは、関東に行く時、たいがい下道で行きまっけど、静岡の沼津から、箱根に回らず246号線で行くんですけどな、さすがに神奈川県に入ったら、目開けたまま、意識は飛んでましたな。
気が付いたら、首都高の渋谷線の三軒茶屋の乗り口でしたわ。

現地に着いて2時間仮眠をとり、現地の荷物を降ろす場所に、コンテナーを着け、今度は、帰りのルートを考えます。高速使っても良いんですがね、うちの会社の場合、JTで、5000円で、残業1時間カットされるんですな、次の日が仕事なら、一気に高速で帰るとこですけど、せこいおっさんは、ちょっとでも稼いだろ、思いましてな。

ちなみに、首都高や阪神高速は、どこの料金所でも、地図をくれます。これは無料ですな。首都高や、阪神高速の環状線なんか、よう知らんかったら、分かりにくいですな、この地図貰ったらどう繋がってるか、分かりやすいでっせ。

で、結局、首都高~東名で愛知県の岡崎まで乗り、1号線~23号線~1号線~西名阪~阪神高速で帰ってきましたが、やっぱり昼に走ると時間かかります。10時間掛かりました。

結局、金曜日の朝5時から出て、土曜日の夜の9時頃まで、41時間殆どヘッド乗りっぱなしで、休憩が4時間程やったから、37時間走りっぱなしでしたな。距離でちょうど2日で1500k位でしたかな。おっさんがもらう残業は30時間を越えてましたな。

さすがに、それだけ長い事乗ってると、アドレナリンが分泌されているのか分かりまへんけど、ちょっと興奮状態ですわ。帰りにコンビ二よってちょっと良ぇビールと酎ハイでも買って酔って気分をほぐそうと思ってたら、後輩から電話ですわ。

後輩「もう、帰ってきたんですか~?」おっさん「おう、今帰ってきたとこや、死にそうや!」後輩「ハハハハッ、お疲れっす~」

と、今週は、暇があればひたすら、寝てましたな。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。