background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

Gary Moore

今日は、ゲイリー・ムーアのアフター・アワーズと言うアルバムを紹介します。

おっさんより少し年下の人達は、ハード・ロックしてた頃のゲイリーさんのファンが多いと思いますが、おっさんは、このアルバムで初めて聴きました。

’92の録音ですが、このアルバムの前のStill Got The Bluesと言うアルバムから、ブルース路線に変更して、それがアメリカでゴールドディスクをとるほどヒットしたそうです。それまでは、日本では、かなり売れてたみたいですが、アメリカでは、もうひとつだったそうな。

このアルバムですが、はっきり言ってご機嫌です。ハードロックする前は、ブルース・ロックと言うかブルースに傾倒してたみたいなんですが、元々こっちが本人の目指してたと言うかやりたかった音ちゃうんかいなと思ってしまうほど、しっくりきてますな。


機材的には、いかにもレス・ポールにマーシャル言う感じで弾き倒してます。気持ち良ろしぃなぁ~。マーシャル言うアンプは、2,3回オールドのやつを弾かしてもらった事があるんですけど、歪ませて弾くのももちろんいいのですが、歪ませないでモジモジ、ボソボソ弾いても結構いい音しますな。このアルバムでもそう言う音も出してます。ヴォーカルも変に力んでなくて、ハスキーでもないのですが、なかなかブルースしてまっせ。

時折、ハード・ロックしてた頃のフレーズらしきものが垣間見えるのは、元からのファンには、嬉しいでしょうな。

おっさんがギターを始めた頃、ブルースかベンチャーズをコピーしろ!と先輩方には教わったのですが、少し弾けるようになってバンドを始めた頃、やっぱり、中学生の頃は、ハードロックもしてましたな。

後に、フュージョンバンドに入った時に、先輩で今は、関西でウッドベースでプロのジャズマンになってるMさんと話してたんですが、ギターで、ハードロックしてきてる方がチョーキングにパワーがある言うてね。

このアルバムを聴くと、それが納得できまんな。その辺を意識して、ゲストにB・B Kingを迎えてる4曲目を聴くとおもろいですな。

チョーキングと言うのは、基本的に1音上の音まで、弦を引っ張りあげることなんですが、チョーキングして、音を上げたときに軽くビブラート(細かく揺する事)をかけると、表情が豊かになりますな。それからいくらか倍音が伸びて、アンプやエフェクターとヴォリュームの兼ね合いもありますが、かなり音が伸びますな。


最近の若い子のバンドを聴いていると、あんまりギターソロしませんな。もっと、弾き倒して欲しいですな。ロック小僧にもコピーの素材として、このアルバムは、お奨めします。ほぼペンタトニックだけでいけまっさかいにな。この人のほかのアルバムも聴きたくなってきましたな。
スポンサーサイト
このページのトップへ

現場から見えてくる事

新車4

おっさんが乗ってるトレーラーヘッドの燃料タンクの後ろに付いてる尿素タンク。軽油と一緒に尿素水を燃焼させて窒素酸化物の排出を抑制するんですな。

おっさんらは、コンテナーを引っ張って、全国あちこちには、もう行かなくなりましたが、近畿、東海、北陸、中国、山陰地方はまだ、たまに行きますな。

色んな会社や、個人にお伺いしますが、色んな会社に行ってて、はたと気付いたことがありますねん。それは、おっさんらがコンテナー持って行く所は、一流企業に行くとしてもその中でも現場ですな。

その現場で働いている社員や従業員を見れば、その会社の株価や、会社の勢いがどうなのかある程度他と見比べることで、見えてくるんですな。

とある、超一流企業の輸出専門の作業場での事。たまたまその会社の創業者を前の日のそう言う人を紹介するTV番組で放映してましてな、おっさんのコンテナー担当の人にその話を言うと、当然見てますわな。

その後に、「僕の親父もこの会社でお世話になってたんですよ」と誇らしげに言うてました。2代続けてと言う訳ですな。

それもあるんですが、まず、おっさんらみたいな運ちゃんに、しっかり挨拶ができる、言葉遣いも丁寧。作業場がきちんと整理整頓されていて、作業ラインの動きを考えて物や機械を配置している。

そう言う会社は、株価や経営状態も良いようでんな。いちいちその会社の収支報告まで覗きませんが、新聞の経済欄にもその会社の製品や情報が出てるから分かりますな。

1回だけですけど、財閥企業の株価を見続けたことがあるんですけど、なるほど、現場がしっかりしている所は、株価にも反映されているのかどうか分かりまへんが、明らかに現場作業員のそれと、株価が連動してるんちゃうん、言う位はっきり差が分かりましたな。まぁ、そんな大きな会社の株価はそんなに動かないとは思いますけどね。


いかに現場からのフィードバックを受け入れ、実践していくか。昔から分かり切っている事なんやけど、大きな会社でもそれが霞んでる所は有りますな。部外者が何が分かるねんと言われそうですが、端的な所にこそ、その会社の状態が如実に現れると、現場第一主義のおっさんは、思います。

バブル後のリストラで早期退社を募った会社ほど、会社の頭脳と気配りができる年代を流出してた訳ですから、まさに今、その見返りを受けているのではないかいな?と思います。

日本の雇用体制も欧米化が進んでいると聞きますが、そうなってくるとますます、個人の実力主義になってくるから、助け合ってと言う風潮が無くなって来るのかも知れませんな。

今、現場で何が起こっているか?日々の仕事に慣れてくれると見逃してしまう事が多くなって来る様な気がします。来週から、また気を引き締めて、周りをよく見ながら仕事して行きたいでんな。
このページのトップへ

本日のお奨めCD

Doc Powell

今日は、Doc PowellのInner City Bluesと言うアルバムを紹介します。
ジャケットの写真とアルバムタイトルから、こてこてのブルースかと思いきや、上質のフュージョンアルバムです。かなりいけてまっせ。この人、日本では、まだ、あんまり知られてないかもしれまへんな。

音的には、ジョージベンソンの甥っ子言う感じですかな。ウィルソン・ピケットや昨年亡くなったルーサーバンドロスのサイドメンを長く努めてたそうですな。

その辺の下積みの長さと言うんでしょうか、アルバムにも出てますな。ギターの音がしっかりバンドの音に馴染んでて、逆に言えばもう少し、前に出ても良いのでは?と思ってしまいますが。まぁ職人の音ですな。

デビューがアメリカ建国200周年辺りと聞いてますが、まぁ、もうベテランですな。ゲストミュージシャンが、2曲目のPhilip Bailey,5曲目のBob James,6曲目のStanley ClarkeとGeorge Duke,12曲目のPatrice Rushen等々。多彩なゲストですな。

ギターは、ナイロン弦のエレアコと、セミアコを使ってるみたいですが、音は歪ませることなく、クリーンで、ジョージ・ベンソンにかなり影響受けてるけど、ベンソン程「ぱきぱき」弾いてないねんけど、かなり唄ってると言う感じですかな。上手いです。

1曲目は、ラジオか釣り番組でかかってた様な気がしますが、他の曲もリズム、メロディーとも、かなりセンス良いです。「大人のフュージョン(スムースジャズ)」を聴きたいという方にはお奨めですな。


このページのトップへ

バック・オーライ

バックオーライ

パッと見たら何の写真か分かりにくいかも知れまへんが、40フィートのコンテナーをバックで車庫に入れてる所を運転席から顔を出して撮りました。このままハンドルを少し左に切りながらバックすると下の白線の内側にピッタリ入ると言う塩梅です。

今日は、車のバックについて書かしてもらいます。
車言うてもトレーラーの事になりますがね、普段、おっさんらは港を中心にコンテナーを運んでますが、輸入や輸出の荷物をお客さんとこで、降ろしたり、積んだりする事も多い訳ですな。

お客さんとこに行った場合、一般道から敷地内にバックする事も多々あります。そんな時は、コンテナーや大型トラックがよく来ている所は、後ろを見てくれたり、バックで入れれるスペースをすぐ作ってくれたりするんですが、たまに個人で輸入されたお客さんや、コンテナーが初めてと言う会社もある訳ですな。

そう言う時は、自分で必ず着ける所を見に行ってからバックするようにしてます。実際におっさんが昔行ってあった事ですがね、ちょっと人里離れた、こじんまりした作業所に行った時の事。

そこも国道から、敷地内にバックで入っていかなあきまへん。しかも門の間口が3m切る位(要するにカツカツですわ)そこで作業してはる、人の良さそうなおばあちゃんが、「後ろ見てあげるわ」と言うので、「頼んます」言うて、おばあちゃんの「オーライ、オーライ」と言う声を頼りにバックしてたら、「バキバキバキッ!」と嫌な音が。。。

トレーラーちゅうのは、ヘッドの部分とトレーラー部分の連結しているところを支点にして、ヘッドを左右に振って後ろの部分を折り曲げるようにしてバックするんですな。

で、その時は、バックで入れる敷地を右手に見ながら、言わいる右バックで入れてたんですが、コンテナーの一番後ろの部分は門にきれいに入ったんですが、ヘッドの部分を右から真っ直ぐにする時にどうしてもヘッドの左後ろタイヤの部分の軌道が膨らまないけど、少し流れるんですな。

おばあちゃんは、運転席側の後ろで誘導してくれてはるから、当然見えません。おっさんの不注意なんですが、ブロック塀を見事にぶち壊してしまいましたな。まだ、トレーラーに乗り始めて間もない頃の話でしたが、たまたま、そのおばあちゃんがその会社のオーナーで、「かめへん、かめへん」で済ませてくれましたがね。

だから、一般道をふさいでバックしているトレーラーがいたら、そしてヘッドの部分を左右どちらかに折った状態に出会ったら、ヘッドが真っ直ぐになるまで、ちょっと手前で待っておくれやっしゃー。たまにヘッドを真っ直ぐに持って行こうとする地点で、口を開けて見ている爺ぃとかいますけどな。

「大きな顔して、道ふさぎやがって!」とお怒りになる方もおられるでしょうが、物理的に顔の大きい運転手だとしても内心は「ちょっと、待っておくれやっしゃ~」と思っているのが大半です。

トレーラーのバックがどないしてん!と思われるでしょうが、乗用車のバックの場合も同じですのでね、一番後ろの面を意識すると言う所がね。狭い所をバックする時や、縦列駐車せなあかん時に、後ろの面がどの角度かを意識すると入りやすいと思います。

後ろができてくると、自然に車幅感覚も身についてくると思います。カツカツの所なんかもね。

よう混んでるスーパーや、駐車場で空いてるスペースがあって、後ろに車がついてたら、ハザードつけて空いてるスペースの前を車体を真っ直ぐにして塞いで止めて、後ろの車をやり過ごして、ゆっくり落ち着いてバックしたら良ろし。

どうしても人目があると、慌てたり、あせったりしてしまいますからね。あせってバックして「ゴンッ!」とぶつけるより、降りて行かんでも良いけど、顔出して直接目視してバックする。これが一番安全でっけどな。

「早うせんかい、おっさん!」と文句を言われても、大阪の中央大通りを塞いで平気で3,4回切り返してバックするおっさんの信条です。


このページのトップへ

本日のお奨めCD

in the blues with EC

はい、今日は、クラプトンのギターだけをフューチャーした、オムニバス盤と言えばそうなんですが、有名ブルースマンのバックに徹してギターだけ弾いているクラプトンが聴けるアルバム、タイトルはin the blues with Eric Clapton1を紹介します。

曲を紹介しますと、
1、Rock'n Daddy
Voはハウリン・ウルフ、Keyにスティーヴ・ウィンウッド、リズムセクションが、ストーンズのビル・ワイマンとチャーリー・ワッツ。のっけからご機嫌です。しかし、昔から思ってたんですけど、ハウリン・ウルフの声は、近所の魚屋のおっさんの声に驚く程似てましてな。1回でいいからあの声で、「ハマチ、安いで~!」と言うて欲しかったですな(何のこっちゃ)

2、Blues Power
Voはクラレンス‘ゲイトマウス‘ブラウン、ベースが来月のクラプトンの来日メンバーでもあるウィリー・ウィークス。クラプトンも自身のライブでよくやる曲ですな。

3、Don't Think Twice
これもVoはゲイトマウスにマリア・アルダーが参加してます。クラプトンのギターが昔のブラッキーの音みたいでフレーズも格好良いですな。

4、Wana Make Love To You
いかにもブルースらしいタイトルの有名な曲ですな。Voはボビー・ウーマック。クラプトンのアンソロジーにも入ってましたな。ウエストロードも良くやる曲ですな。

5、Why Does Love Got To Be So Sad
言わずと知れたデレク&ドミノスの大名盤「レイラ」に入ってた曲ですな。VoはBuckwheat ZydecoのStanley Duralと言う人です。
おっさんもこの曲、バンドで何回かした事あるんですけど、タイトルのWhy Does ~言うとこ、早口でしてな。口で言われん位早いパッセージのフレーズをギターでコピーするのとどっちが難しいかと言われると、歌う方がおっさんは、難しいです。(誰も聞いてへんてか?!)
6、Chasin'Rainbow
Voは、マーク・べノ。カントリーっぽい曲です。クラプトンのスライドが聴けます。

7、Last Train
これもVoはマーク・べノ。「レイラ」の後の461オーシャン・ブールヴァード辺りの南部の香りがする曲。ここでは、ギターのトーンを歪ませないで、弾いてますな。

8、Long Way Home
ラストの曲はVoが再び‘ゲートマウス‘で、アコースティック・ブルースです。バッキングがロバート・ジョンソンっぽいですな。

とまぁ、ざっと紹介しましたが、音源はユニバーサルレーベルの’71~’95までの中からチョイスされているみたいなんですが、エンジニアの人が頑張ってるのかあんまり年代ごとの音色と言うか匂いを感じさせないですな。良いのか悪いのか分かりまへんけどね。

まぁ、コアなクラプトンファンなら、ギターのトーンとフレーズで、いつ位の音源か分かると思いますけどな。あ、そうそう来月のクラプトンの来日メンバーの中に、あのオールマン・ブラザーズのデレク・トラックスもいるそうな。めっちゃ楽しみですな。スライドの入った「レイラ」が聴ける!

この他に同じタイトルで2と3も出てます。


このページのトップへ

渋皮煮

渋皮煮

上手い事でけました。丹波栗の渋皮煮。ブランデーを多めに入れたら、なかなかコクが出て美味いです。

今日は栗の渋皮煮の作り方を紹介しまっさ。
作り方言うても簡単なので、レシピと言うほどの物でもないですがね。

まず、準備する物
1、栗(大き目の方が剥きやすいです)
2、重曹(タンサンとも言いますな)
3、砂糖
4、ブランデー
5、鍋(栗が入りきって少し余裕があるくらいのサイズ)
6、ぺティナイフもしくはナイフ(手に収まる位のサイズが作業しやすいですな)


作り方
1、まず栗をよく水洗いして鬼皮(表面の硬い皮)についてるごみや汚れを落とします。
2、鍋に水を張り火にかけて栗を入れ、沸騰してから3分ほど煮ます。
3、2が冷めたら1個ずつ鬼皮を剥いていきます。ナイフは刃の背を人差し指に当てて、親指で皮を持って刃に当てて剥きます。
剥く前にナイフを持つ手の人差し指にバンドエイドを張ります。これを張ってたら、たくさんの栗を剥く場合、ヒリヒリせんで済みますな。

栗の頭の方から剥いた方が「ペロッ」と剥けます。それと渋皮に筋があるんですけど、これがおしりの方(下)から上に向けて伸びてるようなので、これも頭の方から取れればとります。取れなければ後で取れますから、そのままでよろし。
4、鬼皮を全部剥き終わったら、鍋にお湯を沸かし、重曹を小さじ1,2杯入れて溶かします。沸騰したら剥いた栗をいれ3分煮ます。
5、4を流水で冷やして指先で、軽くこするくらいで1個ずつぬめりを取ります。この時に渋皮に残っている筋をきれいに取ります。とりにくかったら、竹串などでほじると取れますな。
6、もう1回鍋に湯を沸かし重曹を入れて3分煮て、洗うのを繰り返します。渋皮もね、2層になってるみたいなので、薄い茶色の皮を残す感じで指で「シュビシュビ」しなはれ。
7、今度は鍋にたっぷりのお湯を沸かし、栗だけを入れ5分煮ます。
8、栗を別の容器にあけ、鍋をよく洗って、砂糖と水を入れてシロップを作ります。水と砂糖の割合は1対1が基本ですけど。後で煮詰めるからちょっと位水の方が多くても良いですな。
9、シロップが出来上がったら、栗を入れて再び5分煮ます。
10、栗を取り、シロップを煮詰めます。沸騰して少しとろりとなったらOK。これに栗を入れ、5分また煮る。この時にブランデーを入れる。ブランデーの代わりにマイヤーズ・ラム言うのも「大人の香り」言う感じで合うでしょうな。
これで完成ですけど、1晩位漬け込んだ方が旨みが出ますな。

これは、美味いです。ほんまに。
出来上がった栗にグラニュー糖をまぶせば、甘栗納豆の出来上がり。
マロンペースト(渋皮付きで作った方が美味い)を買ってきてホイップクリームを立てたのと合わせて、渋皮煮の上からかければモンブランの出来上がりです。血糖値が高くなければ、おっさんもこれを作って貪り食いたかったですけどな。

秋の夜長に音楽でも聴きながら、ゆっくり作ってみるのも良いんちゃいまっか。ほんまに上品な甘さでっせ。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。