background-position : repeat;

おっさんてか!?

音楽、フライフィッシングに関しての事とプロドライバーから見た運転技術等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

あほちゃ~う!

兄やんフライ
フライ雑誌で最近流行の岩○ミノー。おっさんの兄やんが早速巻きました。が、めちゃでか!これを見て、思わず吉本新喜劇風に「あほちゃ~う!」で、爆笑。しかしこの兄やんの遊び心、ちゅうか「しゃれ」でんな、(結構本人はマジでこのサイズ巻いてるかもしれん!)日本のフライマン(ビジネスマンも?)には必要かもね。

ちなみに、右下2本がおっさんが巻いたフライ。これで、フックサイズがTMCの811Sの2/0やから、大きさは押して知るべし。

左下の1番でかいのは、フランクフルト、いや、アメリカンドッグのちょっと細い位ですわ。ここまでくると、なぜか?食感良さそう。と、おっさんは感じてしまいましたな。ガハハハッ。

とかく、日本人は枠に捉えるのが好きな民族ではありますが、まぁ、もちろんきれいなフライで釣りたいと言うのはありますが、このサイズ。良いですな。でも兄やんは、昔、2時間で太刀魚70匹釣り男でもありましたからな、あながち、でも無いかも知れまへんな。

昔のラパラのルアーやったら、レギュラーサイズでしたもんね。

渓流でも、最近フライのサイズがどんどん小さくなってきてますな。ROGANがかかってきたおっさんらは、巻くのもそやけど、実釣で使うのも辛いものがありますな。

でかいフライを、ど~んと流して、でかい魚をど~ん!と釣りたいですな。と、暑くなってくると渓流に行くのが億劫になってきている最近です。まぁ暑さよりも釣りに行ってから迎える翌日のダメージとでも言いましょうか、年々、疲れが取れにくくなってきますな。

暑い時は、ビール片手に、オフショアーや、ブラックバスも良ろしいですな。朝早く行って、釣りは昼前まで、後は、ランチして早めに帰ってシェスタですな。

この間も、海に行って、迷わずダブルハンド使いましたからな。シングルハンドのロッドを使うとフライの場合、ダブルフォールと言うテクニックを使わなあきまへん。これが高番手でやると結構全身運動なんですわ。

つい3年前まで、おじんなったら、ダブルハンド言うてたのに、やばいですな。ブログのタイトル替えなあきまへんな。爺ぃ~ってか!?
スポンサーサイト
このページのトップへ

D.I.Y

インパクトドライバー
買ってしまいました。インパクト・ドライバーと電動丸のこ。作業時間の短縮はもちろんですが、「おら、おら、おら~」と2×4材を切ったり、「ムフフフ~ン」と鼻の穴を膨らまして65mmの木ねじを締めたりと、楽しいですな。


以前作ったプランター置き
プランター置き
これは、350円ののこぎりと2980円の電動ドライバーで作ったのですが、木を切るのに4時間位かかりましたな、ねじ締めも安物の電動ドライバーは、バッテリーがすぐ無くなり、止まってしまうので、結局は手動で締めましたが、これが辛くてねぇ。

で、今回買った電動工具を使って作ったのがこちら。全くの素人作りですが作ってる本人は楽しいですな。これと、クーラーの室外機カバー兼プランター置きもこしらえましたけど、またの機会に紹介しますわ。
洗濯かご置き
背の高い色を塗ってない方が、洗濯物を入れたかごを置く台ですな。洗濯物干す時に、ちょっとかごを置ける所があると楽ですな。下の段に、小物を置けるように棚をこしらえ、ハンガーと洗濯ばさみを入れたかごをかけるフックをつけました。

低い方の色を塗った台は、リビングのはきだし窓から、ガレージに出入りするのにとこしらえました。こっちは、雨ざらしになるので、水性の木材保護塗料ちゅうのを塗りました。これは楽です。サンドかけして、2度塗りしただけですが(めっちゃ液だれしてるけど、、)この時期晴れた日なら、30分ほどで乾くし、油性のように匂いがないのと、シンナーを使わなくていいのでね。

これを塗ってすぐ雨が降ってきたんですけど。しっかり水をはじいてましたな。色が、、分からんので、ライトオークちゅう色を買ってきたんですが、これが、コーナンなんかで売ってる安物のラティスみたいな色でしてな。木目を生かすならクリアが良いかなと思いますな。仕上げ塗りにも使えるしね。

家や部屋のちょっとした隙間や、自分の体に合ったサイズを作るのは、D.I.Yならではですな。おっさんは、こう言うもの作りちゅうのは、小さい頃は大の苦手でした。こう言うのに興味を持ったのはやっぱ、自分で毛鉤を巻きだしてからですな。

このフライを作るのにこの材料。言う感じで、この毛鉤巻きたいけど、レシピ何やろ?とか思っていると、段々物作りにも興味がわいてきましたな。

道具は、全然分からんので、普段体の半分位もある大きな振動ドリルも使って仕事しているその道のプロで釣友のウグイハンター氏と元々物作り好きで、工具フェチでもあるおっさんの兄やんに聞きまくり、色々教えてもろうてます。

しかし、意外とこう言う電動工具は楽チンやけど、音がでかいですな。最初「丸のこが音うるさいぞ」と兄やんに言われたんですけど、実際にはインパクトの方がうるさいでんな。「バルルルルーー」ちゅうてね。でも、65mmの木ねじが一瞬で締めこめるちゅうのは、ある種のストレス発散にもなるかも知れまへんな。

材料は、もっぱらラッシングちゅうて、コンテナーの中の荷物を留めてる2×4材の廃材をもらってきたり、ホームセンターで買ってきてます。一番安いかな?ギターを長い事弾いてきた(見てきた)つもりでも色を塗ってない木は、見ても分かりまへん。解凍してない輸入肉を見るようなもんでんな。できるだけ真っ直ぐなのと、節の少ないもの、木目の詰まってるの(重いですな)を選んで買うようにしてます。

なので、毎日のようにホームセンター通ってますな。だから最近週末しかアップできてまへん。(と言い訳しときまっさ)また、新しいものを作ったら、アップしまっさ。予定では、CDラックと雑誌専用の本棚、それとPCデスク周りのものおき台を検討してます。いつになるか分からんけどね。
このページのトップへ

本日のCD紹介

ジミヘン トリュビュート

今日は、有名ギタリストがジミヘンの曲を演奏してるトリビュート・アルバムのVoodoo Crossing a tribute to Jimi Hendrixを紹介します。

ざっと紹介するだけでも、1曲目からスティーヴ・ルカサー、3曲目はロベン・フォード師匠。4曲目はラリー・コリエル御大。他にハイラム・ブロック、懐かしいところでは、パット・トラバーズなどなど、ギタリストにとっては、クレジットされてるギタリスト見るだけでも、楽しいですな。

このてのアルバムはただの企画物が多いですが、このアルバムは、各著名ギタリストがジミヘンに対する思いが強いのか?クォリティーは高いですな。

おっさんのお奨めは、3曲目のロベン・フォード師匠のメッセージ・オブ・ラブ。これは、オリジナルはバンド・オブ・ジプシーに入ってましたが、元祖の凄まじい演奏に比べて、師匠ならではのあっさりした渋い演奏が聴けます。恐らくギターはテレキャスターを使っていると思われます。

ここでの師匠のギターソロのアプローチは、とても良い参考になりますな。ワウの使い方もね。

もう1曲は9曲目のジョー・コロンボのレッド・ハウス。恐らくドブロを使ってると思いますが、スライドのアプローチが格好良いです。ピンでやるには、良い素材ですな。

アルバム名義はvarious artists と言う名前で発売されてます。ジミヘンの他にも、コルトレーンとマイルスの曲をトリビュートしてるのも出てますな。


このページのトップへ

狩猟民族!農耕民族?

zico

11年前のジーコさん。おっさんの家の近所でサッカー教室をしてくれました。‘神様’を目の前に興奮してピンボケしまくり、被写体も上にそれてますな。この時は、現役を退いていましたが、小学生相手に出すパスは、まさに生きたボールでした。

残念でしたな、この間のオーストラリア戦。気持ちが切れてしまってましたな。しかし、この‘神様’が付いている限り、奇跡を信じたいですな。

おっさんは、サッカーは、全然素人ですが見るのは好きです。小学生の頃は、路地裏の三角ベースボール半分、サッカー半分の、がきんちょでしたな。今は、会社のサッカー通のM先輩にヨーロッパの選手情報やどの国が強いかなどを聞きつつ、楽しんでます。

しかし、最近の日本代表はレベルが高いですな。この間の試合も技術的には負けてまへんでしたな。気持ちの問題だけでしょうな。
前回のWCのお陰で、今回の大会は、全試合見れるのも嬉しいですな。

いつも、代表で言われている、得点力不足。やはり、野球に比べると歴史(プロ化の)の違いは、否めまへんが、それ以前に相手のゴールに向かっていく気持ちが、ヨーロッパや南米に比べると、希薄なのではないか?といつも感じてましたな。これは、サッカー史以前の民族の特性ではなかろうか?とも感じてしまいます。

農耕民族の中でも、特に日本は相手を尊ぶ精神が顕著です。現実の今の日本は、そんな日本古来の姿は全く感じなくなりつつありますが、こう言う所で、民族性が出るのは皮肉なものですな。


ま、民族性の違いが垣間見えるのもWCの良い所でしょうな。でも、このジーコさんが来てくれて、Jリーグが始まったから、今のレベルの代表があると、おっさんは、思います。だから、ジーコさんが監督になってから、全く采配や人選に疑問を持った事は、ありまへん。

今回の大会前の強化試合の相手国を見るだけでも、ジーコさんだから有り得たと思いますな。この人がこの国に与えてくれたものは、言葉に言い尽くせまへんな。

天才にして、名声と富を手に入れているのに、えぇおっさんになっても、プロとしてのプロ意識、あくなきひたむきさ。そして良い意味での純真さ。あいも変わらずニュースになってるおバカな役人に見習ってほしいですな。

今度のWC、おっさんは、信じてますが、FWの選手に一言。ナイキの宣伝じゃないけど(シュートを)打て!それだけです。がんばれ日本!

でも、万が一予選敗退しても、おっさんは納得します。なんせ、ジーコが監督してくれたんやからね。
このページのトップへ

本日のお奨め

ポートレイトオブジャコ

ブライアン・ブロンバーグのエレクトリック・ベースプレイが聴ける、アルバムタイトルは、ポートレート・オブ・ジャコ。タイトル通り、鬼才ジャコ・パストリアスの曲ばかり演奏してます。

選曲が、また、センス良いですな。ウェザー・リポートでの曲も多く取り上げてます。オリジナルと聴き比べるとこの人の凄さが、よく分かりますな。

このブライアンさんは、最初ドラムからプロのキャリヤをスタートしてるそうです。この辺もドラムをしてたジャコさんと似てますな。14歳からベースを始めて、19歳で、前にも書きましたが、スタン・ゲッツのバンドに加入したと言う事は、練習量もさることながら、やはり並々ならぬ才能の持ち主ですな。


おっさん的には、7曲目から10曲目までを最近、毎日聴いてます。7曲目は、ウェザー・リポートの傑作ライブ「8:30」でジャコさんがソロでやってた「スラング」言う曲です。ここでは、凄まじいばかりのエレベのテクニックを聴かせてくれます。ジャコさんより迫力あるかも。

8曲目の「カム・オン・カム・オーヴァー」は、格好良いファンクの歌もので、ヴォーカルに元シカゴのビル・チャップリンと元TOTOのボビー・キンボールを迎えて、元ドラマーならではのグルーヴしてるリズムを聴かせてくれます。

バンドの音の良し悪し(上手い下手)は、リズムセクション(ドラムとベース)を聴けば、分かりますな。その意味でも淡々とラインを弾くこの曲は、ブライアンさんのセンスを感じます。

9曲目は、おなじみの「ザ・チキン」このベースラインは、ほんま格好良いですな。関係無いけど、昔このベースラインをコピーしたくて一時、真剣にジャコモデルのベース買おかなと思たこともありますな。

ここでは、ウッド・ベースでやってます。ウッドの音でも、またこれ、格好良いですな。8、9曲目は、R&Bやロックに造思の深かったジャコさんの影響を感じますな。

10曲目の「ティーン・タウン」では、ギターみたいに‘キュウィーン’とチョーキングみたいに入るソロは、何とピッコロベースだそうな。この音は、びっくりしましたな。てっきりギターやとばかり思うてました。ちょっと昔のマイク・スターンみたいな感じの音ですわ。

ブライアンさんは、今年46歳。まだまだ、わしらを驚かせ、かつ、楽しませてくれるアルバムを出してくれるでしょうな。聴き続けたいミュージシャンです。はい。
このページのトップへ

車線変更

テナー

コンテナーヤード内で、コンテナーを下ろしている所。50トンまで吊り上げれる移動式のクレーン。おっさんらは、これをテナーと呼んでます。たくさんのワイヤーの下に黄色いのでコンテナーの上にかぶしてますやろ?その下四方に白い部分に爪が出てて、それをコンテナー上の四方にある穴に入れくるりと90度回転して持ち上げる仕組みになってます。


今日は、車線変更について、最近感じている事を書かして貰います。
まぁ、また愚痴みたいになりますけどな。

ほんまに最近よう感じるのは、せっかちな運転する人が多いちゅう事ですわ。これは、一般道でも、高速でもそうでんな。

車線変更する時は、まず横と後ろを目視してウィンカー出して(法令では変更する3秒前)それから、横の車線に移動します。こんな事当たり前やのに、全部はしょる人多いですな。

ウィンカー出す人でも、まず、車線をまたいでから、出す人多いですな。前にも書きましたけど、おっさんらが運転している大型トレーラーや大型トラック、4トン車でもそうですな、荷物満載してたら、物理的にブレーキの制動距離は、長くなります。

だから、車線またいでからウィンカー出されても、間に合わない事もありますな。それと、幅寄せされたように感じて、‘かちん!’と来る人もいるでしょうな。

おっさんは、自分の周りを必ず、見回して運転してます。大体車線変更しそうな車は、見てたら分かります。それと、運転が少しおかしい人。やたら、車間距離を開けたり、一定のスピードで走らない人などですな。そういう車は、近づいたら気をつけてみてます。

この間も、4車線ある国道で、おっさんは、右から2番目の車線を走ってました。そしたら、右側を走っている若いお姉ちゃんが運転してるリッターカークラスの車が、おっさんのトレーラーが横に併走してるのに、いきなりウィンカー出してすぐ寄ってきましたな。

その前から、その車はなんとなく、気になってたので、横に並ぶ前におっさんが走っている左後方から車が来ないか、確認してましたけどな、ウィンカー2回出して、いきなり寄ってきたので、急ハンドルで左によけてその車の前に40フィートのコンテナーかぶしてやりましたけどな。

急ブレーキ踏んで、後ろの車がおかま掘りそうになってましたわ。
まったく周りを全然見てまへん。これは、女性蔑視じゃないですが、こう言う運転するのは圧倒的に、女性が多いです。あとシルバーマークの高齢ドライバーね。

一般的に、女性の方がいっぺんに多くの事をこなせると言われてますが、事、車の運転に関しては多くの女性がこれには、あてはまりまへんな。

ほんで、そのお姉ちゃんとは違いますけど、寄ってきておっさんのトレーラーと当たりそうになって、おっさんの横の車線がふさがってたらホーン鳴らして、気づかせますな。そしたら、「何やの?」言う顔されること多いです。おばはんが多いですけどな。

ほんまの‘プロ中のプロ’は、自分の事を‘プロ中のプロ’とは、言いまへん。だまって、見て、危険を回避してます。ほとんどのプロドライバーはね。あなたが気付かないうちにね。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

degu347

Author:degu347
入院生活を支えてくれたのは、やっぱり音楽でしたな。気が狂いそうな夜、涙が止まらない夜、好きなミュージシャンが助けてくれました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

楽天ポイントでパイプが買える!ZIPPOも充実してまっせ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。